ドライマンゴーの当たりはずれはどこで買うかで決まり!タイの実態調査

タイのドライマンゴー旅行

 

藤井
藤井

こんにちは、

わたしは、バンコク長期滞在6年の藤井(⇒プロフィール@midori_benkyo@3tmeblog)です^^

タイ旅行者は増えています!

観光に、ビジネスにさまざまですけど、それで帰国の際もお土産をたくさん買われます。

 

定番のお土産を決めている人も多いみたい!

そんな中の一つにドライマンゴーも含まれているかもしれません。

 

南国のフルーツの種類は多いですけど、ドライフルーツにできるものは限られています。

タイでローカルのタイ人が好んで食べるフルーツと、日本人がイメージしている南国のフルーツは、ちょっと違いがあるようですね。

 

やはり、現地、タイに行ってみないとわからないことは多いです。

味覚もだいぶ違うなぁーというのが、わたしの率直な感想ですね!

 

わたしはタイの首都バンコクで6年住んでいます。

いろんなフルーツを食べていますし、とても美味しいです。

 

また、お土産としての人気が高いマンゴーも大好きです。

ただ、バンコクに来て実際マンゴーを食べるようになって、気がついたことがあります。

 

それは、わたしたち日本人が一般的にイメージしているマンゴーだけが、本当のマンゴーじゃない。

いろんなマンゴーがある!ってことです。

 

それは、種類という意味だけじゃないです。

収穫からの時間で、熟度が変わってきます。

 

熟れたマンゴーが美味しいと思っている私達ですけど、意外ともっと青いマンゴーが街ではよく食べられています。

酸味が強くなるんですけど、味わいがありますよ!

 

いつもは屋台のマンゴーを食べるんですけど、ドライマンゴーについてもいろいろと歩き回ったことがあります。

そこで、今回はタイのお土産として人気のドライマンゴーを買う場所についてわたしの経験からお伝えします。

結論:信頼のあるお店はやはりお土産もしっかりしています!

スポンサードサーチ

バンコクのあちこちで売られているドライマンゴーは味も一緒?

セントラル・ワールドの伊勢丹

どうせ買うなら味が美味しいドライマンゴーを買いたいですよね?

なので、ドライマンゴーの味について、ちょっとご紹介します。

 

見た目はドライマンゴーとしては2種類に分けられるんじゃないでしょうか。

ちょっと熟して酸味の高い黄色のドライマンゴー。

 

程よく熟したオレンジ色のドライマンゴーです。

あとは、2種類とは別ですけど、加工がかなりされているドライマンゴーがあります。

 

味的には、かなりマンゴーから、離れているようなものもあります。

プラム味とか、別の材料を入れて味がかなり変わったドライマンゴーなどです。

 

これは、これで美味しいんですね。

好みだと思うんですけど、ドライマンゴーをお土産にする場合、マンゴー味を少しでも感じて欲しいなら、ちょっと考えちゃうでしょうね。

 

他の特徴では、見た目に白っぽさがないのとあるのでしょうか。

それは、砂糖です。

 

タイ人は、甘いものが好きです。

なので、酸っぱいものですと、砂糖を付けて食べたりします。

 

傍目に見ていると、ならマンゴーをもっと熟したものを食べればいいのに!…と思っちゃいます。

まあ、理由はなんであれ、味的にかわる要因の一つです。

タイのドライマンゴーを買うならどこが一番いいかを教えます!

東急のドライマンゴー

ドライマンゴーは、街のいたるところで売っています。

庶民の食の一つ何でしょうね。

 

セブンイレブンなどのコンビニはんじめ、スーパーでもあります。

観光旅行でスーパーはなかなか足が向かないかもしれません。

 

でも、水を買いにセブンイレブンに行ったりすることは多いハズ。

一袋20バーツのお手頃サイズ。

 

ブランドもたくさんあって、微妙に味が違います。

でも、美味しいんです。

 

3時のお茶のお菓子にも合うかもしれません。

ちょっとしたお菓子でもいいですね。

 

一袋食べきりですから、量もお一人用ですね。

だから、お土産だったら、人数分買ったらいいので、計算しやすいです。

 

次は、定番のお土産屋さんです。

よく見ると、お土産さんがそこで袋詰しているドライマンゴーがあります。

 

また、しっかりどこかで加工されて製造されたドライマンゴーが多いです。

大きさも、普通の大きさのマンゴーをドライにしてあります。

 

なので、量も50gから200gとさまざまです。

値段も、100バーツ程度から、200バーツが多いようです。

 

一人で食べきるのはちょっと無理ですね。

たぶん、数人、ご家族、会社の一つの部署が合うような感じです。

 

最後はデパートです。

デパートに店舗を構えているお土産さんじゃなく、デパート自体が販売しているドライマンゴーです。

 

こちらは、デパートにもよるんですけど、かなり品質が高いように感じました。

お値段もちょっと高めかもしれません。

 

でも、味的にもドライマンゴーと言えども、生の風味を感じられるなら最高ですね。

そんなドライマンゴーが買えるのが、さすがにデパートです。

 

とくに日本のデパートはしっかりしています。

でも、日本の百貨店なら、どこでもっていうわけでもないです。

 

それは、ご自分で行ってみて確かめたほうがいいです。

わたしの印象では、東急デパートがかなりレベルが高いです。

 

MBKに入っています。

わたしの6年間のバンコク滞在では東急デパートのドライマンゴーがベストです。

まとめ

まとめ

いずれも、わたしの経験からの結果です。

探せば、もっといいドライマンゴーがあるかもしれません。

 

バンコクは広いですから、観光がてらに、いろんなお土産さんを眺めるのも悪くないと思います。

いいと思ったドライマンゴーは、安いものでいいですから、まずはご自分で食べてみてくださいね!

 

こちらの記事も読んでみてください

感想