4月のタイ旅行は服装と水分補給がポイント!木陰は34度でも涼しい

4月のタイは暑けど木陰は涼しい 旅行

 

藤井
藤井

こんにちは、藤井(⇒プロフィール@midori_benkyo@3tmeblog)です^^

4月のタイは暑さのピークを迎えると言われています。

バンコクの天気は暑い?1月から12月までの様子【旅行初心者へ】
バンコクの天気予報です! でも、まったくの予想じゃなく、わたしが生活して感じた「天気」をお伝えします。 1月から12月のバンコクの天気です。 Q:バンコクを旅行するならいつがいい? A:ベストは6月、次は日本の冬(12月ごろ) 旅行するときの服装についても注意ポイントをご紹介します。 バンコクの天気は年中暑いの?

タイのお正月は、水かけ祭り(ソンクラーン)で国民が楽しいひと時を過ごします。

 

そんな暑いタイを旅行する観光客も増えます。

単に夏のイメージで服装を考えると、タイ滞在中に思わぬ事態に陥ることがあります。

 

そこで、バンコク在住のわたしが4月のバンコクの様子をもとに、注意すべきポイントをご紹介します。

スポンサードサーチ

4月のバンコクは長袖・長ズボン姿のタイ人も多い

暑いから半袖Tシャツ、半ズボンと思われがち。

実際、多くのタイ人のおじさんでも、そんな姿をよく見かけます。

 

一方で、後ろの荷台に配達荷物を目いっぱい乗せて、バイクを走らせるタイ人は長ズボンに長袖ジャンパー姿が多いです。

わたしも自転車に乗って、市内を駆け回るときは、いつも長袖姿になります。

 

体験するとわかるんですが、直射日光は肌に突き刺さる感じがします。

2月や3月はじめまでの快晴の日なら、温かい日差しを楽しむことができます。

 

ところが4月に入ると、突如太陽が狂い出す!…こんなイメージ。

なので、肌を守るにはかなり生地の厚いズボンやジャンパーが心地いいんですね。

 

太陽の攻撃を防いでいる達成感も、風を受けながら爽快なもの。

このように、直射日光を受けないように、長袖を羽織ったり、足元にかけたりもするんです!

 

それも、外での話です。

目的地に到着すると、バイクにジャンパーを脱ぎかけて、建物やショッピングモール、デパートに入っていきます。

 

これは肌を守るだけのためじゃなく、体力温存にもなっているとわたしは思います。

暑い4月は奪われる水分をいつも補給することがポイント

こりゃ~かなり美味しいぞ!暑いバンコクに濃厚なオーリアンが喉を潤す!

とにかく、何もしなくても汗がでます。

もちろん、空調の完備されているオフィスでは、あまり危機感は無いかもしれません。

 

それは日本の事情と似ています。

でも、タイではさらに、室内もウォーターサーバーが備え付けられていますし、ペットボトルを持ち歩く人も多いです。

 

かなりの量の水分が体から蒸発しています。

食事中の飲み物から、食後の飲み物まで、いつも飲料を口にしている感じさえします。

 

いたるところにある屋台があっても、移動の多い人は、お店を探すのも大変なくらい水が飲みたくなります。

旅行者なら、セブンイレブンなどのコンビニに水を求める人が多いです。

 

タイツアーなどで訪れるレストランでトロピカルなジュースを飲むのもいいです。

自由行動でも、忘れずに水を携帯したいもの。

 

4月なら、日本は季節がやっと暖かくなり始めます。

急に、タイに来て水を飲め!って言われても体が対応しないかもしれません。

 

結果、だるさを感じたり、動きたくなくなるケースになります。

せっかくのタイ旅行が、バンコクでの寺院めぐり、水上マーケット、チャイナタウンで気分が乗らなくなるかもしれません。

 

こうした事態に陥らないためにも、多目に水を飲んでください!

水を飲むことで、体も頭もシャキっとするはずです。

 

思考が働き、次の観光地選びなど、率先して遊び回れるようになります。

涼しいホテルの部屋で、だら~んてするのはもったいない!

暑い4月でも木陰なら風が吹いて、過ごしやすい!

2019/4/3の昼ごはんは、2回目の太麺!鶏肉とイカと野菜の卵とじ?バナナの葉がいいねぇ

外が35度なら、涼しいところは、冷房!…って、直結したくなるかもしれません。

ところが、バンコク市内の外でも、涼しい場所は意外と多いんです。

 

木陰、川沿い、公園など、たくさんあります。

ちょっとそんなところで、腰を下ろして休むだけで、ぜんぜん気分は違います。

 

え?暑くない?って、思われるかもしれないですね。

でも、実際はその反対。

 

太陽の光が痛いだけで、木陰では痛みもなく、それだけで清涼感が生まれます。

さらに、ちょっとした風がものすごく心地いいんです。

 

あれ?夏の風って、熱風じゃないの?って、びっくりされるかも。

たしかに、真夏の日本ならそんなイメージはありますね。

 

でも、バンコクの4月はだいぶ暑さの事情が違っているように、わたしは思います。

だから、平気で外で仕事しますし、ご飯も食べ、昼寝を楽しめるんです!

 

扇風機の風だけでも十分いい感じ。

日本で35度なんていうと、熱帯夜の眠れない、苦しい夜を思い起こすでしょう。

 

同じ気温でも、実態はかなり違いますね。

バンコクのルンピニー公園に入ると、急に自然に戻った感じでいっぱいになります。

 

太陽の日差しが地面に届かないくらい、緑に覆われています。

観光の一休みにでも、訪れたいスポットだと思います。

 

匂いがぜんぜん違いますね。

4月のタイはメリハリのある対応が元気な観光旅行にする!

暑い暑いで、気温の低い室内ばかりを求めていたら、観光はできません。

結局は、体力温存のためのしっかりとした水分補給と、日差しよけ対策を怠らないことです。

 

水分補給なら、現地で簡単にやれます。

日差しを肌から守るために、薄い長袖や羽織るものを準備するといいでしょう。

 

帽子や日傘もかなり役に立ちます。

オシャレに着こなせば、旅行気分もアップ!

 

なので、変化に対応できるしっかりした行動がポイントになります。

短い時間だからと、甘い考えで過ごすと、1日でも身体は正直に反応するでしょう。

 

ましてや日本での忙しい日々を送って疲れている身体なら、なおのこと。

ですから、無理をしないことも大切ですけど、元気になれる行いで大きく差が出ます。

まとめ

まとめ

暑さのピークを迎える4月です。

確かに、キツイですけど、上手な対応もあるわけです。

 

見た目が悪いとかだけで、避けていたら身体に負担がかかるばかりです。

ローカルの生活に合ったスタイルを真似することで、たやすくそして、快適に旅を続けることができます。

こちらの記事も読んでみてください

☆☆ お知らせです! ☆☆
スカイプ無料相談プレゼント

バンコク在住6年のわたしが、

タイ旅行とか、タイ移住とか、食べ物、観光地、生活、アフィリエイト、転職などについて、

ご相談を承ります。

なお、アフィリエイトや副業、タイで働きたいなどの経済に意欲のある方は、

オススメの無料動画視聴した場合、

スカイプ相談時間を2倍の最大60分に延ばします^^

ご相談の際に、無料動画の内容についてのご感想をちょっとお伺いしますので、よろしくおねがいします。

旅行
スポンサーリンク
藤井哲四をフォローする
ブログアフィリエイトで成功!50代でも不安のない将来が手にできた!

感想