ブログに書いていないことがメルマガで【メルマガ登録はこちら】

【FX】水平線の引き方とショートの根拠の精度を高める手がかり

【FX】水平線の引き方とショートの根拠の精度を高める手がかり練習

 

藤井
藤井

こんにちは、

藤井(⇒プロフィール@midori_benkyo@3tmeblog)です^^

 

水平線を引いて、エントリーチャンスを調べるトレーダーは多いです。

利く水平線はとても役立ちますし、自信が持てるようになります。

 

ただ、どこで水平線を引いたらいいかが、難しいところです。

今回はこの水平線の引き方に注目して、ショートとの関係について解説していきます。

 

以前も、サポートライン・レジスタントライン(サポレジ)について説明しました。

もっと一般に、どこでも引ける水平線を見つけていきます。

 

引き方と効果はこちらです。

  1. 直近の高値で水平線を引いて水平線が利いていることを確認する。
  2. 一度上にブレイクするだましに注目する。
  3. だましは、長い陽線ですぐ陰線でもどる。
  4. だましが水平線内に戻るときがショートのチャンス。

 

その後、急降下が始まる。

 

動画でも説明しました。

どうぞご覧になってみてください。

水平線の引き方とショートの根拠

スポンサードサーチ

ショートエントリーの精度を高める直帰高値の水平線とだまし

2019-12-12_10h36_21

まず、水平線がどんなところに引けるのか、期待できる効果をお話します。

さらに、水平線のみに頼るんじゃなく、別の指標や手がかりでも相場を読み解くやり方が精度を高めます。

 

つまり、どれが利いているかが重要で、利いている相場の情報を使えばいいからです。

日足をご覧ください。

 

赤線が引いてあります。

2本の上の線はなんとなく高値を押さえられていそうな箇所です。

 

ただ偶然っぽい感じがするのも事実です。

一応、こうやって水平線を引きながら、どこがいいかをあたりを付けるわけです。

 

下の線も似たような感じとなっています。

ただ、直近のローソク足が2本上を押さえられていることに注目はできそうです。

 

次に4時間足です。

こちらも赤線が引いてあります。

 

中段にずっと平行に動いているローソク足が並んでいます。

上を押さえられていることから、水平線を引きました。

 

すると、サポートラインになっていたり、レジスタントラインとなっているかもしれないと見えます。

ただ、これは、他の根拠でも説明はできます。

 

ボリンジャーバンド-2σからの反発であり、移動平均線10での押さえ、また移動平均線50での反発です。

でも、これらが一致していることが味噌です。

 

根拠はいくつも同時に重なることで信憑性が高くなります。

4時間足では、水平線の意味みたいなのがわかると思います。

 

1時間足に目を移します。

ここでも水平線があります。

 

だんだん、今回のテーマに近づいてきました。

多くの箇所で、押さえられて、ヒゲが出た後、下降が始まっています。

 

この水平線のいくつかのポイントで起こったということで、水平線の利きが言えるわけです。

ただ、ここでは4時間足どうよう、移動平均線とかの説明でも可能です。

 

短期足の5分足では、2本の赤い水平線が引いてあります。

上の線は、確かに高値で最初押さえられています。

 

しかし、その後はなにもないことから、この水平線は意味がないとわかります。

下の赤い線が今回のメインの水平線です。

 

同じく高値を押さえられた水平線です。

ところが、遠くにも関わらず3箇所に利いていることに注目すべきです。

 

お宝の水平線の発見でもあります。

そして、そこをブレイクしました。

 

でも、これが引っかかりやすい部分です。

これはだましです。

 

一度、長い陽線でブレイクし、すぐに陰線でもどるパターンです。

だましをみたら、美味しいって思え!とわたしは教わりました。

 

それが下へのブレイクを示唆するわけです。

ここでは、水平線がはっきり利くことがわかったので、ここでショートエントリー可能だを思っていいわけです。

 

もちろん、損切り値を設定しますけど、それは水平線の上に決められます。

ここが、水平線の効果ですね。

 

下にも実は、案に安値のラインがあるんですけど、そこをブレイクしてからのエントリーより、より収益が大きくなるメリットがあります。

ショートのエントリーは、何箇所かあると思います。

 

でも、しっかりした水平線があったら、そこを頼りに進めてもいいと思います。

これが、今回の一番の強い根拠となるところです。

まとめ

まとめ

いかがでしょうか。

だんだん、根拠が増えてきたと思います。

 

しっかり検証を繰り返して、体で覚えるレベルまでになるとスキルが充実します。

勝利と同時に、収益の安定性につながります。

 

間違ってもこれを見たら、100%OKとは思わないことです。

この根拠もわたしの検証から導き出された知見の一つだからです。

 

ご自分で確認されて、総合的に判断されるといいでしょう。

 

こちらの記事もお読みください

わたしはこのツールでFXができるようになりました!
FXがわかるガイド【無料プレゼント】

FXを簡単に知りたい人にプレゼントがあります。

FXでお金を増やす仕組みとFXのトレードスタイルをまとめてみました。

動画でも解説しましたので、ご覧ください。

無料プレゼントなので、いますぐダウンロードしてくださいね!

練習
スポンサーリンク
藤井哲四をフォローする
海外でアフィリエイトとFXトレードの生活を送る!ブログ

感想