【初心者】アフィリエイトの記事は何文字数で稼げる?2000か5000か

アフィリエイトサイトの記事の文字数 SEO

アフィリエイトするのに、サイトやブログの記事はだいたい文字数どのくらいにしたら、稼げるようになるんですか?

こんな質問や疑問に答えます。

答え:2000文字でも5000文字でもありません!

それでは、行きましょう。

スポンサードサーチ

アフィリエイトサイト・ブログの記事を書く文字数で大切なこと!

記事の文字数で大切なこと

記事の文字数は、はっきり言ってなん文字でもいいんです。

サイトやブログそして書こうとする記事の内容によって、変えていくのがベストです。

 

最初から、2000文字とか5000文字と決めて、書こうとするとSEO的に記事にはよくありません。

それをこれから、説明していきます。

 

単に、文字数だけを言うなら、私のサイトやブログ記事の例では、500文字の記事が月数万円稼いでいましたし、作ったばかりですけど、6000文字以上の記事でも稼げていません。

月数万円稼いだ記事

これは、月数万円稼いだ記事の画像です。

文字数は、726文字です。

 

サイトの他の記事では、1400文字などもありますけど、だいたい1000文字ぐらいの記事がほとんどで、全部で13記事のサイトです。

サイトのトップページ(最初のページ)が一番文字数は多いです。

2925文字です。ただ、これも最初にサイトを作ってから、リライトしてからの文字数です。

 

すっぽん小町の記事

だいぶ圧縮してありますけど、これは文字数5700です。

⇒ 「すっぽん小町のコラーゲンは関節痛に効く?他にサプリメントは?」

でも、ぜんぜん稼げていませんし、SEO的にも検索順位がいいとはぜんぜん言えない状態です。

 

なので、稼げるか、稼げないかは単に記事の文字数だけで言えることではない!…わかっていただけたでしょうか。

 

ただ、アフィリエイト業界の動向を見ていくと、たくさんのサイト・ブログの記事を見ると、文字数が増えていることは、確かです。

ですから、記事の内容やアフィリエイトする商品などを度外視すると、2000文字より5000文字のほうが良いと言った認識はあるようです。

 

そして、普通に最低でも2000文字を目安にしても良いかもしれません。

文字数にこだわり過ぎて、記事コンテンツを疎かにするサイトやブログは稼げないと言ってもいいです。

アフィリエイトサイトの作り方で最重要なこと!

記事書きで大切なこと

アフィリエイトサイトの作り方は別の記事で説明しました。

【それ違う!】稼げるアフィリエイトサイト記事の書き方を教えます
稼げるアフィリエイトサイト記事の書き方を教えます。間違った認識や情報で、記事を書こうとする初心者が多いです。アフィリエイトは売れる記事じゃないとだめなので、3つの要素をぜったい考慮した記事コンテンツが必要です。そのための方法を具体的に例をあげて説明していきます。

ポイントは、記事の文字数じゃありません!

  • 書こうとする記事のキーワードをユーザーの検索意図から考える
  • キーワードですでにグーグルに評価されている記事やサイト・ブログを参考にする
  • ユーザーのためになるようなコンテンツを独自の視点やデータから記事を作り上げる

これをしっかり考えながら、記事を書く前に準備、資料収集をすることで、いい記事が出来上がります。

さらに、一度かきあげた記事はそれでおしまいじゃなく、何度もアクセス解析や検索順位の推移を見ながらリライトすることで、SEOに強いサイト・ブログが出来てきます。

まとめ

まとめ

アフィリエイトのサイトやブログの最終目的は、稼ぐことです。

そのための記事ですけど、記事単体で見る姿勢・態度を改めましょう。

 

いつまでも、記事の文字数だけにとらわれるとユーザーが欲している情報やその提示の仕方がおかしくなり、結果として、グーグルからの評価も上がらず、SEOがメチャメチャなサイト・ブログにあります。

これでは、5000文字の記事が多いサイトでもなかなか稼げません。

 

常に、ユーザーの考えていること、グーグルの評価、そして、あなたが書こうとしている記事とのつながりを総合的に考えることが大切です。

まずは、記事をたくさん書くことで、感覚として理解できるようになるとコツが掴めてきます。

コメント