【FX練習98】2015年1月と2月のトレード検証|まずまずの成績

【FX練習98】2015年1月と2月のトレード検証|まずまずの成績練習

 

藤井
藤井

こんにちは、

アフィリエイトからFXへ移行中の藤井(⇒プロフィール、@midori_benkyo, @3tmeblog)です^^

2020年に入りFXトレード検証もいよいよ2015年になります。

成績は見た目にそんなに上がっていません。

 

しかし、わたしの気持ちの上ではかなりの向上を感じています。

損切りになるパターンをどんどん洗い出し、大きく利確できるチャート形状も探っています。

 

フォレックステスター4を使っているおかげで、短時間で作業ができます。

しかし、逆に実際のトレードでは、果たしてどのくらいの割合で出てくるのかが気になるところ。

 

そこで、最近はフォレックステスター4での検証より、デモトレードでの感覚を身につける作業に移行したほうがいいかな?と思ってきています。

FT4はそれこそいつでもできます。

 

やり方もすでに慣れ、ゲーム感覚で点数を上げるぐらいにまでなっています。

ですから、デモトレードが必要になってきています。

 

2020年2月から正式に、リアルトレードを目指したデモトレード検証を始めたいですね。

2,3ヶ月の成績を見て、いよいよリアルトレードに入ります。

 

やればやるほど、FXの感覚がついてきています。

ですから、どこかが加速して、結果も得られると考えています。

 

では、2015年1月と2月の検証結果をお伝えします。

スポンサードサーチ

2015年1月のトレード検証

2015/1月分手数料含む ¥PIPS
17.5821
35.1842
合計52usd(5200円)62
合計トレード:2
勝ちトレード:2
負けトレード:0
連続勝ちトレード:2
連続負けトレード:0
利益計52.76
損失計0.00
プロフィットファクター0.00
勝率, %100

1月は2回しかチャンスがありませんでした。

だんだん、わたしもチャートの読み方が上手になったのかもしれません。

 

2回だけですけど、両方収益を得ています。

それも、40PIPSだったりと、かなり満足度が高い。

 

この調子を維持して続けたいところです。

チャート分析

検証1

2015-1-22-1エントリー結果41PIPS

日足がやや横ばいのアップトレンドです。

EMA50タッチです。

 

1回だけでは、ロングは考えませんでした。

下位足の動きを合わせて、開始することに専念しました。

 

4時間足は、レンジで下降トレンドみたいですけど、上がると考えていました。

上がって下がり上がってさがり、wボトムのような形状がでました。

 

そして、1時間足では、-2σを突き抜け、大きく陽線で戻し、EMAラインの上に来ています。

これで、上への動きが確実と思いました。

 

5分足でも、上昇傾向で、さらに長い陽線がでました。

これでロングして40PIPSの結果です。

 

検証2

2015-1-19-1エントリー結果20PIPS

これはトレンドフォロー手法じゃないです。

ただ、直前に大きな窓を開けました。

 

それで、絶対戻しがあると判断して、チャートを確認しました。

日足は、ちょうどEMA50に乗っています。

 

反発は必死です。

4時間足は、-2σを出て、戻すところでした。

 

1時間足はさらに、上がっているところがわかります。

5分足もEMAラインの上に来て、陽線が出ています。

 

これで、最低でも4時間足のEMA10までは上がると思って、ロングしたら当たりました^^

2015年2月のトレード検証

2015/2月分手数料含む ¥PIPS
-24.49-29
49.2559.1
-23.44-27.9
-22.18-26.4
合計-20usd(2000円)-24.2
合計トレード:4
勝ちトレード:1
負けトレード:3
連続勝ちトレード:1
連続負けトレード:2
利益計49.25
損失計70.11
プロフィットファクター0.70
勝率, %25

1月とは打って変わって、2月のトレード検証はマイナスとなりました。

ちょっとしたミスもありましたけど。

 

いいことは、勝った1回が60PIPS近い点数を上げられたこと。

まずは、まずまずの成績じゃないでしょうか。

 

いいところを伸ばして、ミスを無くしていけば、いずれは目標に達すると考えています。

チャート分析

検証1

2015-2-18-2エントリー結果-28PIPS

これは、全自家足で、上への動きを確認しました。

しかし、エントリーして、1時間足では、+2σが近く利確がすぐでした。

 

4時間足を見ると、余裕がかなりあり、狙えると思いました。

ただ、直近の高値ラインもあって、そこで反発して、損切りに遭ったというのがストーリーです。

 

気をつけるべき点を逃した結果だと思います。

 

検証2

2015-2-9-1エントリー結果-29PIPS

これは、少し甘い判断でロングした結果です。

EMA10タッチで反発すると予想しました。

 

しかし、高値を越えていないところが多く、やはり下がってしまいました。

反省です。

 

検証3

2015-2-11-1エントリー結果59PIPS

1時間足の反発をしてから、かなり遅れている感じのチャートです。

しばらくは様子見をして、上がることを確認してからのロングを決めました。

 

日足も上昇が強く、これでエントリーできると判断して、入りました。

結果、59ピップスとれた好トレードだと思っています。

 

このような慎重な判断が必要だし、いい結果をもたらすとつくづく感じました。

 

検証4

2015-2-18-1エントリー結果-27PIPS

これは、1時間足と4時間足で、直前に+2σ反発して、戻してきているところを軽視したミスです。

1時間足でEMA10タッチでも、4時間足では、まだ下がっている途中でした。

 

ここを見誤った結果です。

まとめ

まとめ

ロングやショートで勝つためのエントリー根拠の条件:

  • 全時間で上か下に動くと強く予想できる状態にある
  • 上か下に動く際に、邪魔になるEMAラインや高値・安値ラインがない

 

こちらの記事も読んでみてください

 

感想