【FX練習79】2012年11月のトレード検証|7回で-131PIPS

【FX練習79】2012年11月のトレード検証|7回で-131PIPS練習

 

藤井
藤井

こんにちは、

アフィリエイトからFXへ移行中の藤井(⇒プロフィール、@midori_benkyo, @3tmeblog)です^^

普通、なんでも練習をしていくとうまくいくものですよね!

まあ、スランプと言う言葉もありますけど。

 

それは、ちゃんと実力をつけている選手やできる人のことをいいます。

わたしは、ぜんぜん素人のままでFXの操作はできるだけ。

 

勝負になりません!

ここにきて、どんどん負けが込んで来ています。

 

それも、雪だるま式に、損切りが大きくなっている感じ。

毎回の検証で、反省しているのが、ぜんぜん活かされていない。

 

FT4で、過去データを検証していて、エントリーをするときになって気づくことがあります。

あれだけ、自分の欠点をしてきたのに、なんかチャートパターンがわたしに映るのは同じ!!

 

これだから、結果も損切りの嵐になるんだと思うんです。

でも、反省して自分なりにエントリー根拠を確かめていって、結果がいつもの負けチャートパターン。

 

これって、どういうこと????

自分でもわかりません!

 

疲れているのかなぁーとか、休養したほうがいいのか、いろいろ考えたりもします。

一つの壁というより、自分で殻をしぜんと作っているような気がします。

 

だから、自分で意識的に改善しようとしても、殻を破ることができない。

たぶん、これはちょっとした変化、きっかけで糸口が見つかるんだと考えています。

 

それでは、今回も前回の続きのトレード検証結果をお伝えします。

スポンサードサーチ

2012年11月分のトレード結果

2012/11月分手数料含む ¥PIPS
-25.55-20.5
-12.47-10
-25.85-20.7
51.0941.7
-36.00-29.6
-28.52-23.4
-84.32-69
合計-161USD(16,100円)-131.5
合計トレード:7
勝ちトレード:1
負けトレード:6
連続勝ちトレード:1
連続負けトレード:3
利益計51.09
損失計212.71
プロフィットファクター0.24
勝率, %14

勝率やプロフィットファクターは、いままでもありましたけど、損失額が過去最高じゃないでしょうか。

これが逆になるのが、目標なのに、今やっていることを逆にしたら解決するのか。

 

まだまだ先は長いなぁ-っていうのが、正直な感想です(泣)

それでは、いつもの通り、チャート分析から個別の問題を洗い出しましょう。

チャート分析

検証1

2012-11-23-1エントリー結果-29PIPS

これのエントリー根拠の判断として使っているのが、±2σのはみ出し、長い陰線・陽線の出現です。

それが、日足や4時間足、5分足などで見られました。

 

でも、ロングして上昇すると予想、期待したにも関わらず、下に下がって損切りで終わりました。

反省材料としては、日足のとびだしです。

 

ただ、エントリー時に出ていたら、気づいていたはずというのが、私の言い訳。

んー、やっちゃったあとでは、なんとも解決できません。

 

今後、今以上に気をつけようというのが反省です!

 

検証2

2012-11-27-1エントリー結果-23PIPS

これも各時間足でのEMAタッチなどエントリー根拠を揃えたはず。

でも、1時間足では、-2σで長い陰線のあと長い陽線で戻され上昇しました。

 

これですけど、エントリー時は、逆に+2σをタッチして越えていました。

ここで、戻りを推測すべきだったかな?と考え直す必要があったかもしれません。

 

検証3

2012-11-30-1エントリー結果-69PIPS

改めてチェックしてみると、このチャートも4時間足で、事前に+2σを割り出して戻されています。

それから、EMAタッチとなり自分で勝手に反発を期待から、予想している感じがします。

 

だから、もっとはっきり予想の根拠を見つける必要があるなと思います。

タッチ=反発と考えているフシがあります。

 

それでも、言い訳気味に書くなら、5分足では、-2σを割り出して陽線で戻り始めています。

短期足の力は弱いけど、名足での戻り始めでは遅いエントリーになる気がしているんです。

 

これをどう解決というか、解釈したらいいかを思いますね。

感覚的なもので覚えるしか無いとも考えています。

 

また、一つの根拠だけではなく、しばらくまって、根拠の再現性を確認したほうがいいのかと思っています。

 

検証4

2012-11-5-1エントリー結果-20 PIPS

今、詳しく見ると、私の場合、いつもエントリーするずっと前は上昇とか下降ししてるんです。

それで、ブレイクして、押し目・戻り目のEMAタッチで反発すると思っている感じです。

 

それが、いつも反発しないで、下がるというのが損切りの流れです。

戻ってからの押し目、戻り目をしっかり見極めないと進めないと考えています。

 

検証5

2012-11-5-2エントリー結果-12 PIPS

これもわたしが根拠と思ったものが、チャートじゃないけど、だましのケース。

長い陽線とかって、それだけでは、本当かどうかが疑わしいと考えるべき!

 

同じものが最低でも2度出現するのを待つ!

 

検証6

2012-11-6-1エントリー結果-20 PIPS

反発か、上位足のフラッグかの区別ができていない!

なにか、もう一度確認してから決めるべき!

 

検証7

2012-11-20-1エントリー結果41 PIPS

このように、日足も4時間足に明らかなアップトレンドを狙うべき。

わかっているけど、他のトレンドでも押し目と自分で勝手にいいように思っているケースがあまりにも多い。

 

このチャートを目に焼き付けるべき!

まとめ

まとめ

負けが多いが、一つの勝ったチャートを見比べると、明らかにトレンドの形がちがう。

でも、検証でも、デモトレードでも、やり始めると、目が曇ってしまう。

 

エントリーする前に、しばらく待ってから、ゴーサインを自分に出そう!

 

こちらの記事も読んでみてください

 

感想