【FX練習76】2012年4月5月6月のトレード検証結果を見ないで!

【FX練習76】2012年4月5月6月のトレード検証結果を見ないで!練習

 

藤井
藤井

こんにちは、

アフィリエイトからFXへ移行中の藤井(⇒プロフィール、@midori_benkyo, @3tmeblog)です^^

 

2019年の暮、クリスマスにもかかわらず、コツコツとFXの過去検証をやっています。

毎日、トレンドフォロー手法を正確にしようと、神経を集中して検証をしています。

 

でも、結果はどうしてもいい成績がでません!

何かがちがう!と思う反面、検証結果の反省だけからは、見えてこない!

 

もどかしい時を過ごしている。

それでもへこたれずに、続けています。

 

思い当たることは試してみて、FX講座のテキストを読み返したり、ネットの記事を何度も見て考えています。

昨日もそんな一日でした。

 

結果を出している人がいるわけだし、自分も成れる!と自分に言い聞かせながら。

チャートを見ると、あきらかにトレンドがでているのに、自分がエントリーするのは、なにか貧弱な場合に限られているようにも思ったりします。

 

それでも、まずは、教科書通りのやり方に徹するのが王道だあろうと、下手に横道にそれることは避けています。

では、2012年の3ヶ月分のトレード検証を反省しましょう。

スポンサードサーチ

2012年4月のトレードの結果

2012/4月分手数料含む ¥PIPS
-25.06-20
合計-25usd(2500円)-20
勝ちトレード:0
負けトレード:1
連続勝ちトレード:0
連続負けトレード:1
利益計0.00
損失計25.06
プロフィットファクター0.00
勝率, %0

4月はトレードチャンスが1回しかありませんでした。

わたしが他のを逃したかもしれませんけど。

 

損切りで終わったトレードですけど、1回ならそんなこともありと考えています。

トレードの内容を分析で反省したいと思います。

チャート分析

検証1

2012-4-11-1エントリー結果-20PIPS

ちょっと微妙な相場環境かな?と思っています。

日足も4時間足も1時間足もダウントレンドでした。

 

日足は、-2σまで余裕がありましたし、4時間足は、EMA10タッチで2度です。

1時間足もEMA20タッチしていました。

 

5分足では、陰線のヒゲが+2σを飛び出して、下降しています。

上位足と合致するのもと判断してショートしました。

 

でも、最初から横ばいの動きで、徐々に上がって損切りとなりました。

チャートを分析して、気になるところは、1時間足では、ボリバンの下が上がっていました。

 

また、日足はダウントレンドでも、陽線でしたから、押し目形成に入っていたことで上への力が増した感じです。

2012年5月のトレード検証

2012/5月分手数料含む ¥PIPS
-26.01-20
合計-26.USD(2600円)-20
勝ちトレード:0
負けトレード:1
連続勝ちトレード:0
連続負けトレード:1
利益計0.00
損失計26.01
プロフィットファクター0.00
勝率, %0

5月も1回。

なんとも、もどかしい相場環境です。

 

それも負けてしまいました。

4月から数えると、連敗になります。

チャート分析

検証1

2012-5-3-1エントリー結果-20PIPS

これは、日足の相場環境と下位足での力が拮抗したチャートじゃないかと考えています。

日足では、すでにボリバンの-2σを割って、陽線でEMAタッチを狙っている感じ。

 

4時間足では、エントリー前に、長い陽線のひげが出てEMA50タッチしています。

それで、下降する力が強いと思いました。

 

1時間足も+2σをローソク足の実体がでて、陰線で戻っています。

5分足もなんども+2σを突き出ています。

 

これで、ショートしましたが、日足の押し目形成が進んだ形で損切りで終わりました。

力のバランスを考えることの重要性を認識しました。

2012年6月のトレード検証

2012/6月分手数料含む ¥PIPS
-26.94-21.1
20.6516.3
-21.27-17
合計-27USD(2700円)-21.8
勝ちトレード:1
負けトレード:2
連続勝ちトレード:1
連続負けトレード:1
利益計20.65
損失計48.21
プロフィットファクター0.43
勝率, %33

1勝2敗のトレード検証でした。

勝ったトレードでも、16PIPSと損切りのほうが大きくなり、課題の多い月でした。

チャート分析

検証1

2012-6-25-1エントリー結果-17PIPS

このトレードは、みすみす勝てた勝負だったんです。

含み益を抱えて、4時間足が+2σまで余裕だったのを見て、ポジションを持ち続けたのが敗因です。

 

1時間足で、きっちり、+2σをタッチしたところで利食いすべきでした。

 

検証2

2012-6-4-1エントリー結果-21PIPS

日足が-2σを割って、戻して押し目形成かもという場面です。

しかし、ちょっと前に、陽線が上下にとても長いヒゲを付けてEMA50(1時間足)タッチしています。

 

それで、下への力が強いと判断して、ショートしました。

でも、横ばいの動きから、上がり始めて損切りでした。

 

長いヒゲが下にも-2σをでたことも考えるべきだったと反省しています。

 

検証3

2012-6-19-1エントリー結果16PIPS

唯一勝てたチャートです。

エントリー根拠がかなり明確で、レジサポラインがあったので、ショートが可能と判断できました。

 

エントリーには、できるだけ強い根拠が必要と思いました。

まとめ

まとめ

今回の検証で気をつけるべき点があります。

  • 利食いは1時間足の±2σにタッチした時点でよく考える!
  • 日足が±2タッチしている場合は、押し目・戻し目形成の可能性を考える!

よく注意して、がんばります!

 

こちらの記事も読んでみてください

感想