【FX練習54】1時間足をメイン足にしたトレードでの失敗の原因!

【FX練習54】4時間足をメイン足にしたトレードでの失敗の原因!練習

 

藤井
藤井

こんにちは、

アフィリエイトからFXへ移行中の藤井(⇒プロフィール、@midori_benkyo, @3tmeblog)です^^

 

 

いやぁ~、FX練習三昧で、嬉しいそして辛い悲鳴を上げております(汗)

やりたいし、材料も、時間もすべてあるのに、練習の量が膨大なのに、脳も体もついていかない(泣)

 

だから、一つ一つ、50歳に合うペースで一歩前進、3分休憩…こんな感じ。

でも、やはりFXトレードノートは、絶対記録する意義はありますよ!

 

書いたらわかる、味わえる、感覚なんです。

自分がわかることが、自分でわかることです。

 

こればかりは、実践した人じゃないと理解できないレベルです。

さて、昨日は、FT4とデモトレード両方でFX練習をしました。

 

わたしのFX成功の雛形は、さらに具体的になって、「4時間足をメイン足とした順張りのトレンドフォロー手法」です。

それでは、昨日のFXトレード練習の結果や流れをお伝えします。

スポンサードサーチ

FT4での練習は好調!利食いの問題が発覚!

2019-12-2-1

まず、朝一番にすることを変えました。

まあ、チャートを眺めるのはいつものことですけど、しっかりと週足、日足、4時間足、1時間足の相場環境を読み解く練習をします。

 

各チャートから、相場環境の全体像が浮かび上がると思います。

その日に、デモトレードをするのに、すぐじゃなく、しっかりエントリーポイントはどのへんかを見据えることも可能です。

 

実際に、それをキャプチャして、書き込む作業をすると、自分も頭の中がスッキリします。

トレードの予定というか、気持ちが引き締まる感じがしました。

 

それで、エントリーチャンスが来るときまで、FT4で合間の時間を練習に当てることにしました。

安心してやれるのがメリットですね。

 

FT4での練習チャート

2001/3/13

2001-3-13-1エントリーam6

日足がまず、上昇中で上への優位性が出ています。

+2σまでの距離もありますし。

 

そこで、4時間足がEMA30反発に来ています。

これを狙おうと下位足もチェックです。

 

上昇フラッグになっていて、下に下がったところで、下側ラインが抑えられていて、上への動きが予想されます。

5分足も同様で、特にWボトムが出て、上位足の傾向と合致しています。

 

そこで、エントリーを決めました。

 

結果

2001-3-13-1結果-28PIPS

Wボトムから順調に上昇し始めました。

ちょっと下がったところもありましたが、盛り返し、高値のラインに達しました。

 

そこで、下がり始めたんですけど、ぜんぜん考えないで、ずるずる損切りラインまで来てしまいました。

だから、利食いの場所をしっかり決めて、判断を的確にすることが大切だと思いました。

 

2回目

2001-3-13-2エントリーpm16

今回もかなり強いエントリー根拠が見つかりました。

やはり心強いのが5分足のチャートです。

 

長いヒゲでの戻しなど、上への動きが読めるときがエントリーを決めやすいです。

 

結果

2001-3-13-2結果26PIPS

最初から順調に上昇し、直近高値のところになって、何度も止められて下がり始めました。

そこで、今回は潔く利食いしました。

 

28PIPSで、4時間足がメイン足なら、物足りない感じでしたが、チャートの読みを大切にしました。

練習でもこうしたことがスキルになると思います。

 

こんな感じで、2001/3月分の練習も中旬までやることができました。

4月分に入ったら、結果を公開したいと思います。

 

唯一、今日までのプロフィットファクターが3.16になっていました。

2以上が最低ラインらしいので、素直に嬉しいですね。

 

失敗しながら、ちょっとずつ改善できているんだと思いました。

こうして、トレードノートを残すことの意味は大きいですね。

デモトレードでの練習は、4時間足効果が出た!

最初は、メイン足を1時間足にして、デモトレードした結果です。

エントリー

2019-12-2-2

1時間足も30反発もEMA反発をしていて、日足も上昇中です。

短期足の5分足が下で支えられて、上昇し始めたところが上位足と合致していると判断しました。

 

エントリーチャンスと思ってポチ。

 

結果

2019-12-2-3

30分足と1時間足がEMAタッチで、反発が強いとの予想でした。

ところが、両方とも、まだ押し目形成途中だったのか、下がり始めました。

 

だから、5分足の読みが弱かったと思います。

それに、利食いが遅すぎたんですね。

 

まず、5分足のサポートラインでのローソク足の状態が弱い!

ヒゲとか、長い陽線も見られていません。

 

思い込みだけで、エントリーしたかもしれません。

それに、最初は上昇して、急に下降したから、そこで逃げておくことも大切だった。

 

そういったトレードスタイルと考える必要を感じました。

 

エントリー

2019-12-2-4

次は、5分足チャートの分析を真剣にやりました。

長いヒゲての戻しなど、エントリー根拠が強いと判断しました。

 

結果

2019-12-2-5

エントリーごすぐに上昇して、利食いラインはかなり上に設定していました。

しかし、5分足チャートでは、途中で、下がり始めたので、欲張らずにそこで利食いしました。

 

しっかり9PIPSとれたトレードとなりました。

まとめ

まとめ

2019/12/02手数料含む ¥PIPS
76528.2
-5948-5.4
2520.8
84519
-4150-3.6
合計62579

全体の成績はまずまずだと思います。

1日10PIPSぐらいだったら、20日で200PIPSに到達するからです。

 

損切りも-10PIPS以内となって、収益がプラスに収まっています。

トレードでのミスは、5分足での読みをしっかりすることと、利食いチャンスを5分足でしっかり追うことがわかりました。

 

それに注意したら、これまでの損切りも少なくなると思います。

 

こちらの記事も読んでみてください

 

感想