【FXトレード練習33】デモトレード復活の初日はプラスの収益達成!

【FXトレード練習33】デモトレード復活の初日はプラスの収益達成!練習

 

藤井
藤井

こんにちは、

ブログアフィリエイトで稼いでいる藤井(⇒プロフィール、@midori_benkyo, @3tmeblog)です^^

デモトレードに復活しました。

割と、気負いもなく、平静にやれたのが良かったと思います。

 

それで、結果もまずまずの滑り出しでした。

ちょっと半ばつまづきはあったものの、冷静にそのごチャートを見てエントリーしてプラスの収益で終わりました。

 

時間的には、まだまだあったものの、整理しておくことも大切だと思って、1日を振り返る余裕も良かったです。

それでは、リアルトレードに向けた実践デモトレードの結果をお伝えします。

スポンサードサーチ

FXデモトレード練習33日目の結果は、27847円の収益!

デモトレード結果

2019/11/11手数料含む ¥PIPS
39544.5
42544.8
-1846-1.3
2540.8
12541.8
540.6
-1046-0.5
23542.9
17542.3
-2846-2.3
-2946-2.4
2265323.2
合計2784734.4

全部で12回デモトレードをしました。

一番下の22,653円は、先週の金曜日にロングをしていて(汗)、それを利食いしたものです。

 

だから、正式には、11日だけの収益は、5,200円ぐらいの収益です。

11PIPS取れました。

 

成功の雛形としているトレンドフォロー手法かというと、崩れみたいなやり方でした。

でも、関連はあるので、手法の一部というか、応用ということで、自分としては練習になりました。

 

7勝4敗(11日だけ)、勝率64%です。

これを見ると、損切りラインは、独自のデモトレードでは、1PIPSぐらいに抑えるべきことがわかりました。

 

1日5千円稼げるなら、1ヶ月は10万円の予想になり、いい初日ですね。

これで、日足にトレンドが出たら、ロングもやれたりと、もっと期待できます。

デモトレードのチャート分析

FXチャートの読み方

相場環境の変動をチャートから分析

日足

2019-11-11_06-58-13

日足はレンジの上段を推移しています。

レンジブレイクの可能性もあるけど、日足だけになんとも言えない段階です。

 

4時間足

2019-11-11_07-01-10

4時間足のチャートでは、トレンドが出ていると判断できます。

2波の終わり、MAラインの押し目を作っている段階で、やや上昇し始めています。

 

下位の短期足のどこかで、エントリーしたら、プラスで利食いできる可能性が高いと思います。

 

1時間足

2019-11-11_07-03-32

1時間足を見ると、中段保ち合い状態に入って、これがブレイクアウトするところでエントリーするチャンスがあるのかも。

あるいは、中段保ち合いの下段のところで、エントリーしても、4時間足なら、MAと反発地点と一致するように思えます。

 

5分足

2019-11-11_10-43-03

4時間足の押し目での反発を待っていましたが、11時前に単独で5分足でのダウントレンドを見つけました。

長期足との関連は、わかりにくかったですけど、これだけでもかなりきれいにダウントレンドを作っていますから、エントリーしようと決めました。

 

MAラインの押し目でエントリーです。

 

15分足

2019-11-11_13-16-33

5分足でエントリーした後、推移を見ていました。

利食いチャンスを他のチャートで探していました。

 

15分足のチャートをみると、-2σを超えて、ここが利食いにいいと判断して、3,954円の収益を得ました。

かなりいい感じです。

 

4時間足の動きとは違っていたと思いますけど、トレンドが明らかに出ていたら、エントリー、利食いのチャンスになることが実践でもわかりました。

5分足でエントリーし、15分足で利食いです。

リアルトレードに向けた戦略!

FXトレード戦略

わたしがFXリアルトレードに向けた練習は3つに分けられると思います。

成功の雛形としてのトレンドフォロー手法は主力戦力にしたいところです。

 

ところが、実際にデモトレードをやってみて、エントリーチャンスや利食いなどから、他にもいくつか自分なりに試したものがありました。

  1. 1分足トレード
  2. 15分足や30分足のみでのトレンドフォロー手法
  3. 長期足と短期足をからめたトレンドフォロー手法

1分足トレード

なんとなくやっていたら、稼げるかも?と思った自分なりのスキャルピング?だと思います。

これは、1分足じゃないと、損切で資金が目減りする確率が高い感じ。

 

コツは、ボリバンの±2σか±3σの上下を行ったり来たりするのを取る感じです。

だから、+2σでエントリー、-2σで利食いといったやり方です。

 

これは、パソコンから離れたらいけません。

数分か10分程度で結果が出ます。

 

ただ、PIPSは少なく、2,3PIPSぐらいで、多くて数千円です。

でも、これをすべて10回ぐらい勝てたら、1日で1万円から2万円は稼げる計算です。

 

これのみの実験も近い内にデモトレードでやってみるつもりです。

15分足や30分足のみでのトレンドフォロー手法

これは、昨日実際にやった手法です。

トレンドフォロー手法は、なかなか日足がトレンドの機会が少ないです。

 

しかし、15分足や5分足では、トレンドと見なせる相場環境がかなりあります。

そして、結果も昨日の感触ではいいです。

 

5PIPSから10PIPSぐらいは稼げます。

ややポジションを持つ時間は長くなります。

 

うまく行けば、5千円から8千円ぐらいは稼げます。

長期足と短期足をからめたトレンドフォロー手法

これが成功の雛形とする手法です。

あまり、機会が少ないので、まだ詳しく語れませんが、先週の金曜日から月曜日のポジションの例では、20PIPS以上、2万円ぐらい稼げます。

 

ロングにいい感じです。

 

こうした3種類の手法を毎日区別しながら、しっかりトレードしたら、かなり期待どおりの利益を出せると読んでいるんです。

1ヶ月から2ヶ月、デモトレードして実績が出せたら、いよいよリアルトレードするつもりです。

 

ただ、ロットを最低から始めるつもりです。

慎重第一ですね!

まとめ

まとめ

FXトレード練習をしていて、その日その日はぜんぜん感じていないけど、以前を振り返ると、よくここまで来たな!って思います。

まだまだ先は高いんですけど、8月からのスタートからですから。

 

損切りや利食いの言葉も知らず、音声で聞いていると、日足も聞き取れなかったレベルですから。

それが、まあトレードらしいことができそうなレベルに到達したんですから。

 

昨日の感触では、実践のリアルトレードに向けた戦略もどきも描けました。

だから、日々練習なんですね!

 

リアルトレードになったら、自分のお金でやるわけですから、かならず痛い目に遭うとは思います。

でも、それでも、復活できる程度、範囲で収まるようにやっていけるようにがんばります。

 

こちらの記事も読んでみてください

 

感想