ブログに書いていないことがメルマガで【メルマガ登録はこちら】

【FX174】リアルトレードの2日目は33PIPSの収益

【FX174】リアルトレードの2日目は33PIPSの収益リアルトレード

 

藤井
藤井

こんにちは

はやくもリアルトレードの波に乗れている感じの藤井(⇒プロフィール、midori_benkyo, @3tmeblog)です^^

今日はリアルトレード3日目です。

しかし、リアルトレードの結果は、2日目になります。

 

一日遅れの結果発表です。

どうしてもポジションを持つ関係で、決済時間が伸びたりするわけです。

 

まあ、時間差はあるものの、リアルトレードの様子は大切だと考えています。

これまでの練習や勉強の集大成があらわれるかどうかですから。

 

それに、実質的にはわたしの生活そのものです。

お金を稼げなかったら、ぜんぜん意味のないものとなります。

 

それで、初っ端損切りでスタートしたときは、やはり焦りがありましたね。

軽い気持ちでショートエントリーしたけど、損切り制限ぎりぎりでした。

 

でも、すぐに気持ちを切り替えられたのは、ラッキーとしか言えません。

デモトレードや過去データの検証で生み出したFX手法を実際の現場で使えたんです。

 

そしたら、自然と相場の動きはわたしの読みの通りに動いてくれています。

これって、ものすごく大きいことで、方向性を掴むコツといっていいと思います。

 

それで、ちゃんと2日目も結果が出ました。

1時間足なら、検証でも10PIPSとか多くても20PIPS代と思っていました。。

 

それが、リアルトレードで、ポーンとと30PIPSを超えてくれるんです。

実は、それ以上が狙えたようです。

 

でも、わたしにはそんなに意欲がなくなっていましたし、生活の余裕が生まれていました。

これも、やはりいつもの相場予想からはじまります。

 

ですから、今日も5通貨ペアの相場予想をしっかりやりますね!

スポンサードサーチ

2020年4月3日のドル・円の相場予想

ドル・円予想8時43分

週足は-2σと+2σの間を往復しています。

今はレンジ下段ですが、下っている割に陽線となっています。

 

日足もレンジ下段です。

下に大きく余裕がありながら、上昇へ切り替わっています。

 

4時間足はずっと下っていましたが、いまはレンジの中段に入りました。

1時間足もレンジですが、上段で上昇中です。

 

いまは上なのか、下なのか、力の方向性が見えない状況です。

2020年4月3日のポンド・ドルの相場予想

ポンド・ドル予想8時23分

週足はレンジ下段で、戻り目を形成中のように見えます。

陰線ですが、上昇の可能性もあり、という状況です。

 

日足はいびつなダウントレンドで、EMAラインが平行の状態でEMA40タッチを繰り返しています。

4時間足はレンジですけど、上位足の下降フラッグとも見えます。

 

1時間足は完全にボックスレンジを形成しています。

2020年4月3日ポンド・円の相場予想

ポンド・円予想8時29分

全体の状態が変動している感じがします。

週足はレンジ下段で戻り目に向かっています。

 

日足はダウントレンドで横の状態でEMA30タッチしたものの下がれません。

4時間足は逆にレンジ上段にあって高値が更新できません。

 

1時間足はレンジのアップダウンが繰り返されています。

いまは変動の騒ぎが落ち着くまでなにもしないのがいいですね。

2020年4月3日のユーロ・ドルの相場予想

ユーロ・ドル予想8時10分

波はありますけど、いまは全体的に下に動いています。

ショートもできそうな相場だと感じています。

 

週足はレンジ下段を下がっていますし、-2σまでまだまだ隙間があります。

日足もレンジ下段です。

 

いま下っている最中で、下への動きが強いようです。

4時間足もレンジ下段に入っても、順調に下降を続けています。

 

1時間足はダウントレンドです。

EMA10反発してから徐々に下がっています。

2020年4月3日のユーロ・円の相場予想

ユーロ・円予想8時1分

週足はダウントレンドで、値を下げて-2σを割り、安値まで来ています。

何度か止められていますけど、跳ね返りもまだのようです。

 

下への不安はあるものの実体が伴っていないことから、もう少し下がるかもしれません。

日足はレンジ下段を下っています。。

 

EMA5反発しながら、もう少し-2σまで余裕がありますから、、下への力が残っていそうです。

4時間足はレンジ下段を順調に下っています。

 

EMA10反発もあって、ショートを狙いたいところ。

1時間足はダウントレンドです。

 

やや傾きが緩やかな感じですけど、EMA40タッチもしてショートがいける状況と思います。

2020年4月2日のリアルトレード

ユーロ・円

ショートです。

2日の朝の相場予想で、エントリーチャンスだと思いました。

 

しっかり短期足の1分足と5分足のEMAラインを通過したことを根拠にエントリーしました。

1時間足ではすでに反発して下っているのが見えていました。

 

こちらもEMA10を出たところですね。

だから、どちらかというと遅い感じもありました。

 

でも、これだから、反発の確信が得られてんです。

エントリー後は、すぐに下がったものの、上昇もあって、含み損と含み益を繰り返しました。

 

でも、含み益が10PIPSを超えると、もう安心でした。

夕方とか30PIPSにも到達して、どうしようか考えました。

 

そのご、何度か上下して、32PIPSで決済しました。

そこが、1時間足の-2σだから。

 

でも、4時間足では余裕があって、たぶん下がるだろうと思いました。

3月の激しい動きはなくなったようで、夜の動きが戻ったことを肌で感じました。

 

夜になると、更に下がってたぶん50PIPSは行けたかもしれません。

しかし、自分としては、30PIPSで大満足ですし、ずっとチャートに張り付く生活をしたくなかったので、納得して利食いしたわけです。

まとめ

まとめ

一日一日を送れています。

これまでのFX漬けの生活から、自分の生活も視野に入れながらFX生活を作ろうとしています。

 

まずは、リアルトレードでの確実な収益が確立されないと話になりません。

その意味でこの3日間はいい滑り出しになっています。

 

これからも油断せずに、FXをやっていこうと思います。

 

こちらの記事もお読みください

 

FXがわかるガイド【無料プレゼント】

FXを簡単に知りたい人にプレゼントがあります。

FXでお金を増やす仕組みとFXのトレードスタイルをまとめてみました。

動画でも解説しましたので、ご覧ください。

無料プレゼントなので、いますぐダウンロードしてくださいね!

リアルトレード
スポンサーリンク
藤井哲四をフォローする
海外でアフィリエイトとFXトレードの生活を送る!ブログ

感想