ブログに書いていないことがメルマガで【メルマガ登録はこちら】

【FX159】2020年3月18日の相場予想とデモトレードの経過

【FX159】2020年3月18日の相場予想とデモトレードの経過練習

 

藤井
藤井

こんにちは、

FXの藤井(⇒プロフィール、@midori_benkyo, @3tmeblog)です^^

連日値動きが激しい相場です。

それで、わたしもデモトレード参入しています。

 

だいたいすぐに値動きがあり、思うどおり下がったり、逆に含み損がでたりといろいろです。

でも、読みが的中すると、すぐに含み益が増えてきます。

 

今回も、一つポジションを持っています。

後半でそれが報告できるか、途中経過になるかはお楽しみに。

 

それでは、基本を大切に、5通貨ペアの相場予想をします。

スポンサードサーチ

2020年3月18日のドル・円の相場予想

ドル・円予想6時47分

チャートの形状が汚く騒然とした印象です。

週足は、下に超長いヒゲをだして、レンジ下段で戻しています。

 

日足は、ダウントレンドはずが、-2σからの反発でEMA50まで戻しました。

今後、落ちるかどうかがカギです。

 

4時間足はレンジ上段をゆっくり上昇しています。

1時間足はレンジ上段での+2σ反発からのレンジ中段に落ちてきました。

2020年3月18日のポンド・ドルの相場予想

ポンド・ドル予想6時39分

全体的に下への流れが急ですが、節目節目でうまく乗れたらショートもありの状況です。

週足は急降下でレンジ下段に来ましたが、安値ラインで止められました。

 

しかし、すぐに反発するとは考えにくいので、しばらく揉むにしても再降下はありです。

日足はダウントレンドですが、下降が急激です。

 

4時間足はダウントレンドでEMA10にタッチしないで値を下げてきています。

1時間足はダウントレンドでEMA20に来ています。

 

4時間足の形状から、もう少し上で反発すると思っています。

2020年3月18日ポンド・円の相場予想

ポンド・円予想6時16分

全体的な下目線でショートが狙える環境が整っている状況です。

ただ、動きが激しいので、エントリーポイントと損切りラインの設定は注意が必要です。

 

まず週足はレンジ下段でどんどん沈むように下落を続けています。

日足はダウントレンドで、落ちてはもんでという繰り返しをバンドウォークしながらしています。

 

4時間足はダウントレンドでEMA反発しながら下がっています。

1時間足もダウントレンドで、EMA50ぐらいまでの幅で反発が起きて下がっています。

 

ただ、気になるのは傾きがややなくなりかけていることです。

2020年3月18日のユーロ・ドルの相場予想

ユーロ・ドル予想6時30分

前日から一転して下方向に動いています。

ただ、急激な変化なので、反発して上昇することも考えられます。

 

週足は急降下でレンジ下段まで到達しましたが、波が大きので大きな跳ね返りも心配です。

日足もぐーんと下がりレンジ下段にいます。

 

4時間足はダウントレンドで下降を続けています。

今は-2σからの跳ね返りで上昇しています。

 

EMA10に向かうかがカギです。

1時もダウントレンドですが、形成されたばかりで戻り目をしているところに見えます。

 

ショートは4時間足と1時間足の一致が条件ですね。

2020年3月18日のユーロ・円の相場予想

ユーロ・円予想6時53分

上から下への雨のように動き続ける相場の感じです。

週足はダウントレンドで安値ラインで止められ、再度下がろうというところです。

 

日足はダウントレンドですが、形状が汚く-2σとEMA50あたりを行ったり来たりしています。

4時間足は完全に横ばいでレンジ中段で上下運動中。

 

1時間足も横ばいのレンジ中段で振動しています。

2020年3月18日のデモトレードは116PIPSゲット!

ポンド・円

ポンド・円116pips

午前中の早い時間にエントリーしたんですけど、ちょっと出遅れたような感じでした。

毎日の5通貨ペア予想の段階で、これは行ける!と確信して、ちょっと慌てた感じでした。

 

これは、やはりその後の経過に影響するものですね。

それは、やはり落ちてきているところでエントリーはいいけど、指値注文で、最初はかなり高めに設定しておきました。

 

ところが、値がどんどん落ちるのを見て、ちょっとずつ低くしてポジションを持ちました。

これがいいときと悪い時があります。

 

それは、戻しがもっと上に来る場合です。

すると、必然含み損ですね。

 

今回は、最初含み益でしたが、すぐに逆行して含み損に転じました。

最大30PIPSちょっとになりました。

 

これは、わたしが決めている損切り値の最大なんです。

いまは、1,000円通貨ですから、ぜんぜん気にならない範囲です。

 

でも、これがリアルトレードで、ロットを大きくしていったらやばい状態ですね。

まあ、ということで、今回はどうなるかとハラハラどきどきで推移を見守りました。

 

でも、午後になって含み益になり始めてからは、どんどん下がってくれました。

50PIPSになると、俄然元気になって、利食いラインを1時間足の-2σに決めました。

 

まだまだ4時間足では、余裕があるんですけど、精神的に忙しい今ですので、これで十分でした。

そして、いよいよ100PIPSになると、チャートをチェックするとかならず下がると確信して、自動的に決済してくれました。

まとめ

まとめ

なんか信じられないデモトレードの結果です。

100PIPS以上を1ヶ月それもあまり日を開かないで、2回も達成できたことにびっくりしています。

 

最初のデモトレード月間で、これですから、とても自信が付きました。

一日一日、心、気持ちを乱さずにがんばります!

 

こちらの記事もお読みください

 

FXがわかるガイド【無料プレゼント】

FXを簡単に知りたい人にプレゼントがあります。

FXでお金を増やす仕組みとFXのトレードスタイルをまとめてみました。

動画でも解説しましたので、ご覧ください。

無料プレゼントなので、いますぐダウンロードしてくださいね!

練習
スポンサーリンク
藤井哲四をフォローする
海外でアフィリエイトとFXトレードの生活を送る!ブログ

感想