ブログに書いていないことがメルマガで【メルマガ登録はこちら】

【FX123】2017年1月のトレード検証|再び悪夢の結果で寝込む

【FX123】2017年1月のトレード検証|再び悪夢の結果で寝込む練習

 

藤井
藤井

こんにちは、

FXでデモトレードになかなか慣れない藤井(⇒プロフィール、@midori_benkyo, @3tmeblog)です^^

 

あ~、今回の記事はお見せしたくない!…そんな内容なんです。

これまで、曲がりなりにも、徐々にスキルアップの感じがありました。

 

でも、それが今回あえなく打ち破られました。

以前のもっとも悪いときのFX姿勢・態度が出たんです。

 

自分でわかっていても、止められなかった!

最初の連勝で気を良くしたのに、次からの5連敗です。

 

これは、どうしても挽回したい、なんとか取り戻したい…そんな気持ちが強かった。

途中、少し冷静になって、時間を置いたんですけど、まさかの値動きにどん底に落ちました(汗)

 

まあ、これも仕方ないですね。

ケッティーさんも言っていますけど、傷に塩を塗る検証をちゃんと行うことで、真の実力がついていくんじゃないでしょうか。

 

それでは、2017年1月のトレード検証の結果をお伝えします。

スポンサードサーチ

2017年1月の年始めは、最悪の結果で1年が暗い!

2017/1月手数料含む ¥PIPS
35.9841.8
13.7215.9
-24.34-28
-24.00-27.4
-27.23-30.9
-22.69-25.8
-26.35-30
合計-74USD(7400円)-84.4
合計トレード:7
勝ちトレード:2
負けトレード:5
連続勝ちトレード:2
連続負けトレード:5
総利益-74.91
利益計49.70
損失計124.61
プロフィットファクター0.40
勝率, %29
負け率, %71

7回で80PIPSもの減収を出したのは久しぶり。

最初の2回は順調でした。

 

負けのきっかけは次のトレードからです。

一番大きな原因は、わたしの気持ちですね。

 

やはり、欲がどんどん大きくなって、それで損切りもどんどん重なりました。

負けたら、次は取り返したい、となって大きな収益を狙いに行くわけです。

 

でも、相場環境はさらに難しい状況になっているのに、それに気づかずに自分本位でトレードするんです。

自分には、なにもコントロールできるものはないのに、自分をコントロールしないで、墓穴を掘るパターンにハマっています。

 

やってから、気づくのも同じですね。

こればかりは、何をしたらから治るとか、よくなるものじゃないと思います。

 

心がける!一番いいんじゃないでしょうか。

一つ一つの心がけが、しっかりと自分に定着すると、いつかは欲も出なくなると考えています。

 

まずは、チャート分析して、反省して、しっかり悪いところ、欠点を洗い出します。

チャート分析もしたくないけど、やります!

検証1

2017-1-18-1エントリー結果-30PIPS

これは、後でつまり今じっくりチャートを見ると、損切りを避けられたケースです。

もちろん、難しい局面だったのはあります。

 

週足はレンジの上段で、+2σ付近から、EMA10タッチ形成という段階。

一方、日足はレンジの下段で、下降中だけど、いまは陽線で戻しを付けているところ。

 

だから、下へも上へも力がある!と自分に言い聞かせるべき状況です。

それで、4時間足も1時間足も下降中で、1時間足はダウントレンド、EMA50タッチです。

 

4時間足も幸いEMA10タッチです。

ですから、下への動きが強いと判断しました。

 

短期足の15分足も+2σタッチして、下降し始めていました。

5分足も同じ。

 

ロングエントリーしたら、最初は下がりました。

ただ、5分足が-2σタッチしてから、逆反発して損切りになりました。

 

ですから、最初は含み益が出ていたので、じっくり上か下かをその時々の節目で考えるべきでした。

というより、安全を第一に決断すべき局面。

 

肝に銘じべきトレード検証。

 

検証2

これもまったく同じ局面と言えます。

ただ、自分としては、その最中では、今度は!!!という期待感と、見せかけの自信でいっぱいでした。

 

だから、やはり、15分足の水平ラインで止められたときに、利食いすべきでした。

2回あったわけですから、逃した自分のせいです。

 

検証3

2017-1-18-3エ25ントリー結果-30PIPS

これも上の連続なんですけど、ちょっと違った要因があります。

それは、エントリー根拠だと確信した長い陰線のあと、すぐに跳ね返りの長い陽線で損切り一発です。

 

だから、ある意味、これは防げない、、どうしようもないケースですね。

 

検証4

これは、唯一最大の収益となったトレードです。

日足がメイン足で、アップトレンドです。

 

下に長いヒゲを出してEMA40タッチですから、反発するかも?と思いました。

そして、4時間足と1時間足を見たら、どうやらWボトムを形成していました。

 

短期足の15分足で上昇してきたところでロングです。

徐々にあがって、一気に長い陽線が出たところで利食いしました。

 

それは、5分足も15分足も+2σに到達しましたし、1時間足と4時間足はまだEMAラインの中です。

逆反発で落ちる可能性の高い局面だったので、41PIPSで満足です。

 

検証5

日足がメイン足で、EMA40タッチという状況です。

前回の利食いのあと下がって、また上がり始めたところです。

 

同じくロングして、同じく安全に利食いして15PIPSを得ました。

 

検証6

エントリー根拠がでてすぐに+2σタッチというまずい状況です。

そこで、すぐに逃げるとかすべきでしたね。

 

完全に、ミストレードでした。(汗)

 

検証7

2017-1-15-1エントリー結果-27PIPS

これも含み益があったにもかかわらず、イケイケで墓穴をほったまずいトレードです。

何回同じ過ちをしたか、数限りないです(泣)

 

しっかりしないといけない!

まとめ

まとめ

一つ一つチャートを分析して分かったこと。

 

  1. 欲で、利食いしないで、損切りへ突き進む
  2. 逆反発の可能性をあまり意識しないで逃げようとしない

二度としないように、気をつけよう!

 

こちらの記事も読んでみてください

わたしはこのツールでFXができるようになりました!
FXがわかるガイド【無料プレゼント】

FXを簡単に知りたい人にプレゼントがあります。

FXでお金を増やす仕組みとFXのトレードスタイルをまとめてみました。

動画でも解説しましたので、ご覧ください。

無料プレゼントなので、いますぐダウンロードしてくださいね!

練習
スポンサーリンク
藤井哲四をフォローする
海外でアフィリエイトとFXトレードの生活を送る!ブログ

感想