ブログに書いていないことがメルマガで【メルマガ登録はこちら】

FXの短期足のエントリー根拠と4時間足がメイン足の場合の利益幅

FXの短期足のエントリー根拠と4時間足がメイン足の場合の利益幅練習

 

藤井
藤井

こんにちは、

FXの藤井(⇒プロフィール@midori_benkyo@3tmeblog)です^^

 

今回は、順張りのトレンドフォローで、4時間足がメイン足の場合のショートエントリーを考えます。

メイン足はダウントレンドで、EMAラインタッチですね。

 

4時間足の場合の予想とエントリー根拠について解説します。

短期足5分足の形状

スポンサードサーチ

4時間足をメインにするとどのくらいPIPSは取れるの?

2019-12-08_13h04_17

日足はゆるやかなダウントレンドで、推移しています。

EMA10タッチから、反発して、-2σにタッチして上昇して戻り目形成のように見えます。

 

それで、4時間足ですが、ちょうどEMA20に来ています。

このタッチが反発になるかが今回のポイントです。

 

移動平均線の傾きもあり、乖離もわりときれいに開いています。

ダウントレンドとしっかりとした形状をなしてきました。

 

こんな状態で、ショートが取れたら最高ですよね。

それで、4時間足の以前の状況を追ってみると、かなりいい情報が得られます。

 

最初、安値ラインをブレイクして、EMA10からの反発がありました。

そこで、エントリーしていたら、急降下して-2σで決済したら、250PIPSの収益になります。

 

まれなケースでしょうけど、4時間足はかなり大きなPIPSが取れると思っていいですね。

わたしの検証した感覚でも、こんなに大勝ちはなかったですけど、40PIPSとか平均的な数値かと記憶しています。

 

ですから、4時間足をメインにした、順張りのトレンドフォローはかなり魅力があります。

今回のEMA20で仮にエントリーし、-2σで決済できたら、それでも60PIPSは狙えるポジションです。

短期足のエントリー根拠は多ければ多いほどいい!

4時間足をメイン足に据えた順張りのトレンドフォローでは、かなりの収益が見込まれることがわかりました。

しかし、これもすべて正確なエントリーに依存します。

 

そのエントリーでは、4時間足のチャート分析だけでは不安です。

短期足の5分足の形状をつぶさに調べまくることをおすすめします。

 

いまでは、1分足も加えていますけど、これは検証やりながら、リアルトレードの感覚から人によって変わると思います。

中には15分足で済ませている人もいるようです。

 

5分足での短期足を今回の説明では使います。

今回ポイントは3つあります。

 

チャートの形状を見ると、レンジが蛇の動きのようです。

最初の山が出て、次に落ちてというBOXのように進みました。

 

そして、3つ目を見ると全体的にヘッドアンドショルダーです。

これだけでも、これで下降することが予想されます。

 

この地点が、4時間足のEMA20反発と考えることが出来ます。

実際、下降し始めて、下のラインをブレイク時点で、ショートもいいと思います。

 

次に、ヘッドアンドショルダーの肩の部分で、思い切って乗るのもありですね。

ただ、かなり勇気がいると思うし、慣れていないと、判断というか決断しにくい場面ですね。

 

ところが、ブレイクして、また戻って、ブレイクラインで反発を起こしたところはかなり有力なエントリー根拠となります。

サポレジを形成して、もう上には上がらないことを確信出来ます。

 

そこを折り返したところで、エントリーが安全で、安心できると思います。

このように、短期足の5分足では、さまざまな根拠の材料が出たり、消えたりしますから、つぶさに調べて、判断することが大切です。

まとめ

まとめ

今回は、4時間足でのショートエントリーを狙う際の短期足のエントリー根拠をご紹介しました。

 

精度をいかに高めるかで、勝負は決まるので、面倒かもしれませんけど、チェックをおすすめします。

さらに、根拠は2つ3つとたくさん見つけると、反発の信頼性が高まります。

 

こうした分析を習慣的にやっていると、自然と慣れますし、判断が早くなります。

 

こちらの記事もお読みください

FXがわかるガイド【無料プレゼント】

FXを簡単に知りたい人にプレゼントがあります。

FXでお金を増やす仕組みとFXのトレードスタイルをまとめてみました。

動画でも解説しましたので、ご覧ください。

無料プレゼントなので、いますぐダウンロードしてくださいね!

練習
スポンサーリンク
藤井哲四をフォローする
海外でアフィリエイトとFXトレードの生活を送る!ブログ

感想