【FX初心者】わたしがおすすめするFXのインディケーター2つ

FXインディケーターFX

 

藤井
藤井

こんにちは、

ブログアフィリエイトで稼いでいる藤井(⇒プロフィール@midori_benkyo@3tmeblog)です^^

 

FX初心者のための情報シリーズです。

なので、難しいことは言いません。

 

詳しくはネットでもググったら、説明は出てきます。

ただ、わたしもそうだったけど、専門用語の説明は理解しにくいし、それほど役に立つ情報じゃない。

 

初心者なら、初心者なりの理解の深さがあり、ちょっと動かせるぐらいが適当だと思います。

まずは、FXのリアルトレードで勝つ!ための準備に力を入れることです。

 

チャートパターンを覚えるとか、値動きをしっかりリアルチャートで取られられる。

最適なエントリーポイントを見つけられる。

 

こんなところが、当初の大きな目標です。

チャートパターンの説明はしました。

 

今回は、よりわかりやすくするための助っ人・インディケーターを2つ紹介します。

他にもたくさんあるようですけど、わたしは2つだけに絞って練習しています。

スポンサードサーチ

おすすめのFXのインディケーターは移動平均線とボリンジャーバンド!

FXチャートの読み方

  1. 移動平均線
  2. ボリンジャーバンド

とにかく、それさえあれば、これをマスターすればokと言えるぐらいのメジャーなインディケーターと思っていいと思います。

FX初心者は、なにをしていいのか、どれを手に入れたらいいのかと、右も左も分からない状態からのスタートです。

 

わたしも超初心者だったし、見様見真似で知ったインディケーターがこの2つなのです。

まずはコレ!って感じ。

 

これで、FXで稼げるようになってから、さらにレベルアップしたいときに、もっと難しいレベルの高いインディケーターを探したらいいと思う。

移動平均線

素人のわたしの頭の中の理解とわたしの言葉だけで説明します。

とかく難しく専門レベルで書いてある情報が溢れているから。

 

チャートには、何もしなければ生のデータしか表示されません。

ここから、どこがエントリーポイントにいいとかを見つけるのは、プロじゃないと無理です。

 

素人、アマレベルは、何かしらの補助手段が必要です。

それがインディケーターなんです。

 

移動平均線は、値動きの平均値を線で結んだもの、ラインです。

平均でいいのは、傾向がわかるってことです。

 

テストの点数も、自分だけの点数を1年生のとき2年生のときを線で結んでもいいです。

でも、1年の中間テストをクラスで見る時、35人の点数を平均すると、クラス内のレベルがわかりますよね。

 

これと同じで、移動平均線も、期間を限りなくいまの時間にとったら、いまの価格だけが表示されます。

これだったら、チャートを見たらいいわけ。

 

でも、値動きを凸凹のチャートより、もっとエレガントにわかりやすくするのが移動平均線です。

デフォルトは、期間は20だと思います。

 

つまり、FXの値を20の範囲で平均しているものです。

チャートを見ると、生の値とだいぶずれているのがわかります。

 

しかし、前後をながめると、ラインが上になったり、下がりつつあるとかがわかります。

移動平均線を2本、3本チャートに表示させて、チャートの動きの傾向を見るのが一つのFXのテクニックです。

 

トレンドが出ているとか、もうちょっとしたらレンジになりそうだとかを、パット見て知らせてくれます。

さらに、エントリーポイントを探すときに、移動平均線を超えたところとか、タッチしてなどというヒントを与えてくれます。

 

具体的なエントリーポイントの見つけ方は、個別に説明が必要なので、ここでは割愛します。

移動平均線どうしがクロスするところなど、いろいろあります。

 

そこは、一つ一つ勉強ですし、練習で、自分に合うものを身につけたらいいと思います。

ボリンジャーバンド

さて、つぎのおすすめのFXインディケーターは、こちらのボリンジャーバンドです。

これも、移動平均線どうように、有名なインディケーターのようです。

 

ここでもわたしなりの理解レベルでの説明に限ります。

それ以上は、他に譲るし、FXをできるようにするには、使い方を練習するのが先と考えているから。

 

ボリンジャーバンドは、たぶんボリンジャーさん?だったかなぁー

その人の開発、発見のインディケーターだったような・・・

 

大切なのは、ボリンジャーバンドをチャートに表示させると、さらにチャートの動きがわかります。

ボリンジャーバンドの値として、±1と±2を設定してください。

 

つまり、2組のボリンジャーバンドがチャート上に出ます。

これを見ると、トレンドやレンジの動きの激しさと言うか、力強さが見てわかります。

 

それで、いろんなチャートを見ると、たぶんなんとなく、ボリンジャーバンドの±2の範囲になっていることがわかると思います。

これが大切なことなんです。

 

何も教わらなくても、見ただけで、ボリンジャーバンドの±2がポイントだってことがわかる。

それで、レンジとかで見ると、最安値、最高値のポイントがボリンジャーバンドの±2と接している。

 

つまり、これがエントリーポイントのヒントとなっているわけです。

エントリーを決めるのに、ボリンジャーバンドを見ていたらいいってこと!

 

そして、エントリーして、値動きが狙い通り、上がったとか、下がったとかで、利食いするときも、ボリンジャーバンドの±1とか±2の線が近くになってきたときに、考えたらいいってことがわかります。

もちろん、すべてがぜんぶボリンジャーバンドの通りになるはずはないので、目安です。

 

それにしても、確かな目安として、FXトレードをする上で、とても役に立つインディケーターというのがわかります。

あと、練習としては、やはりいろんな時間足でのチャートパターンを比べながら、考えるといいですね。

 

試してみてください。

まとめ

まとめ

FXは、複雑でプロだけが勝てる!っていうイメージです。

だから、素人や初心者は、ダメ!壁にぶつかって止めた!っていう人が多いわけです。

 

でも、プロがやっている、使っていることをそのまま真似しながら勉強したり、練習すればいいんです。

そこで、今回はおすすめのFXインディケーターを2つご紹介しました。

 

深く、用語を理解する必要は全く無いです。

まずは、チャートに表示させて、チャートパターンを眺めてみてください。

 

トレードしなくても、何時間でも動きを見るだけで、なんとなく感じがつかめてきます。

そんなスグレモノのインディケーター、移動平均線とボリンジャーバンドでした。

 

頑張ってください!

こちらの記事も読んでみてください

 

感想