【FX初心者】失敗しないFXチャートの読み方|意外に簡単です!

FXチャートの読み方FX

 

藤井
藤井

こんにちは、

ブログアフィリエイトで稼いでいる藤井(⇒プロフィール@midori_benkyo@3tmeblog)です^^

 

わたしは、FXの初心者です。

FXチャートなどいろいろ勉強しています。

 

わからないことが多いんですけど、気がついたことも多いので、シェアしたいと思います。

特に、FX初心者ならではの気づきもあるんですね。

 

FXチャートの読み方があります。

今回は、FXチャートの読み方について、初心者が戸惑うところについて解説します。

スポンサードサーチ

FXチャートの読み方の勉強が混乱を招く!

悩んでいる人

FXチャートの読み方の勉強ってどうしてやると思いますか?

  • エントリーポイントを見つける
  • 値動きの傾向を知る!

稼げるためのエントリーポイントが一番に重要なことです。

これに失敗したら、すべてお終い。

 

いろいろ設定をしておいても、10万円や100万円を溶かすことも一瞬です(ノД`)シクシク

なので、以下に稼げるエントリーポイントを探して、そこでズバッて入ることが勝負です。

 

それをFXチャートで分析するための読み方を練習、勉強するわけです。

なので、読み方というのは、チャートパターンを見ることと同じ。

 

これは、どの教科書やネットでも言われていることです。

わたしもそれを信じてFXチャートの読み方の練習をしてきました。

 

ところが、FXチャートを何度も見てもわからない!

どんどん、頭がごちゃごちゃしてくるんです。

 

わたしが参加しているFX講座の説明を見ても、聞いても、なんとなく自分のFXチャートの読み方と違う!

わたしのスキルや能力が足りていない!と思っちゃうわけです。

 

だから、どんどん、難しくFXチャートを眺めようとする羽目になる!

そんな状態で、まずは練習と思って、いくらかの資金でエントリーし始めるんです。

 

すると、わたしの場合、チャートを見て、ここだ!って思ってエントリーしても動きは逆に動くんですね。

ぜんぜん、FXチャートの読み方が生かされていない。

 

というか、どう活かすかがまったくわからないわけです。

FXチャートを、パターンを詳しく読もうとする勉強は意味がないような気がしてきます。

FXチャートパターンの読み方は時間足を関連付けることがポイント

時間足とチャートの読み方

FXチャートパターンは、時間足には関係ないものです。

値動きのパターンを見るだけですから、形が同じなら時間足とは関係はない!

 

ところがFXトレードにおいては、これが重要なんです。

時間足を関連付けることで、FXチャートのパターンがわかるようになります。

 

つまり、エントリーに大切なところ、利食いや損切りの値をどうするかも見えてきます。

たとえば、チャート分析の練習ってことで、サポートラインやレジスタンスラインを引こうとします。

 

ところが、チャートを見ると、どこにラインを引いていいか、迷います。

ここもか、ここもだ!って、何本も引いてどれがいいんだろうかと、混乱するばかり。

 

値動きのポイントを示してくれるサインなのに、ぜんぜんチャートパターンが見えてこないわけです。

チャートを読むときというのは、練習では特に、実際は死んだデータだと思います。

 

すでに、過去の値動きの傾向を探るためのチャート分析です。

その上での、エントリーはここ!とか言って、納得するのが勉強にしているだけ。

 

実際に、リアルトレードで、チャートを眺めながら、エントリーポイントを探すときに、練習のようにはぜんぜん行きません。

これは、生きているチャートだから。

 

つまり、先の値動きを予想するのは、難しい。

FXチャートの読みを練習して、エントリーを何度も練習して気づいたことがあります。

 

FXチャートの読みだけの勉強は、意味がない!

といか、勉強することで、逆にチャートパターンがわからなくなる!

 

トレンドなのか、フラッグレンジなのか、はっきりしないなぁーとか。

これって、あまり重要じゃない!

 

もちろん、上昇トレンドなら、最高値と最安値が切り上がっていく!とかの定義はあります。

ところが、実際のチャートを見ながら、上昇トレンドのところにトレンドラインを引いていくと、ギザギザが複雑で、キレイなトレンドラインにならない。

 

最初は、自分のスキルが足りない!とばかり思って、練習していました。

でも、いまは、だいたいでいい!と割り切っています。

 

大切なのは、それが上昇傾向にあるのか、ないのかを掴むことです。

そのために時間足が重要になるわけです。

 

上昇してきたから、さあエントリーだと言って、入ってもすぐ逆に動いたり、振り落とされることが多いです。

でも、上位の時間足で傾向を確認してから、5分足や15分足などの下位時間足を見ると、動きがよく見えてきます。

 

だから、FXチャートの読みは、時間足との併用をすることがポイントです!

わたしは、日足ばかりじゃなく、週足とかも見たりします。

 

それも、エントリーするたびに、ちょくちょく、5分、1分、30分、1時間足などをほとんどすべての時間足を比較する感じです。

時間足の違ったチャートを見るのは、ぱぱっとできます。

 

そこで、上昇トレンドなのか、下降なのか、レンジ、ブレイクしそうか、などを大まかに把握していきます。

その上で、1分足のFXチャートを見ると、その後の動きがよく予想できます。

 

また、たとえ逆の方向に動いても、すぐに損切りしたりしなくても、含み損でもポジションを保持しながら待つ自信もついてきます。

まとめ

まとめ

今回は、FX初心者が陥りそうなFXチャートの読み方のポイントについてお伝えしました。

チャートパターンの勉強は、時間足との連携でやることで、実際は使えるものになる!

 

これがわたしが思った結論です。

チャート一つひとつ、分析するんじゃなく、いろんな時間足との比較、分析で理解するのが正しい読み方です。

 

実際の動きを見ながらですから、初心者でもリアルでやれる1000通貨ぐらいでやってみてください!

こちらの記事も読んでみてください

 

感想

  1. イース より:

    こんにちは。
    ランキングから来ました。
    FXを少しやってますが、勉強しても全くわかりません。
    時間足との連携を意識してみたいと思います。