FX初心者が気をつけるべき1分足のスキャルピングのポイント!

FXの1分足スキャルピングFX

 

藤井
藤井

こんにちは、

ブログアフィリエイトで稼いでいる藤井(⇒プロフィール@midori_benkyo@3tmeblog)です^^

 

最近は、もっぱらFX練習と勉強そして、このブログだけになっています^^;

FXはアフィリエイトと違って、簡単のようででも単純じゃない!…おかしな感覚ですね。

 

さて、今回は、スキャルピング(短期決戦トレード!)それも1分足の話です。

初心者は、スキャルピングがいいのか、メリットそして問題点を解説します。

 

もちろん、初心者である私自身が取り組んで気づいた点で、生データです^^

注意点としては、かなり有効な情報かと思います。

スポンサードサーチ

FXの1分足スキャルピングはトレード練習にはいい【体験談】

チャート

スキャルピングにせよいろんな手法のFXトレードをすぐに実践する人は多いようです。

それも、初心者がかなりの割合に登ります。

 

わたしもそうなんですけど、私の場合、性格として慎重派だから、怖さもあって、リアルトレードはまだまだ練習初期段階です。

FX講座でも、すぐにリアルトレードをする危険性を教えてくれています。

 

ネットとかを見ると、すぐにFXをおっぱじめて、かなりの損失を出している人もいます。

まあ、FXの怖さ、実体験としてなのかもしれませんけど、わたしには無理です。

 

やはり、ある程度の見込み、スキルを付けてから、徐々にレベルアップしたい!

そこで、わたしは、毎日チャートを見たり、デモトレードでいろいろ練習しています。

スキャルピング1分足

一見すると、下降トレンドから上昇トレンドへの転換みたいな感じのチャートになっています。

あくまでもこれは結果論であり、実際は、1番から5番それいじょうへとチャート、値動きは進むことに注意しなければいけません。

 

1分足のスキャルピングのメリットは、ササって、見ている間にトレードを始めて終えることができます。

これって、逆にイライラして嫌だ!っていう人もいるんですね。

 

つまり、性格とも関係するトレード手法と言えます。

わたしは、やりたいときにトレードしたいタイプなので、割と練習にはいいかなと思っています。

 

ただ、思ったとおりに結果が出せるか!が問題です。

これが1分足のスキャルピングの欠点というか、難しさだと思いました。

 

それに、何回か、何日かやってみて、気づいたことがあります。

それは、利益を出すことは、かなり難しいし、安定しない手法かな?っていうことです。

 

チャートの1番から5番を見ると、ちょうどラインにタッチしています。

これは、ボリンジャーバンドの±2σラインです。

 

だから、1分足のスキャルピングなら、簡単じゃん!と錯覚するんです。

特徴として、

  1. ボリンジャーバンドの±2σから、反対側の2σまで。
  2. ボリンジャーバンドの±2σから、反対側の1σで折り返す。
  3. ボリンジャーバンドの±2σから、移動平均線で折り返す。

1のパターンは、番号①から②です。

これだと、①でエントリーして、②で利食いしたら、いいわけです。

 

この場合、利益は、数PIPSから、10前後PIPSぐらいです。

単純計算では、1分足スキャルピングなら、1日に数時間したら、勝率6割で100回したら1日で600PIPS勝てることになります。

 

でも、これが落とし穴なんです。

だって、損切りのマイナス分が落ちているから。

 

単純に-20PIPSのところに損切りをしていると、4割の負けですから、-20✕40=-800PIPS。

あれ!?って、びっくりですよね!

 

結果的に、この1分足スキャルピングでは、収益がマイナスになってしまいます。

損切りが-20PIPSにしてもマイナスなんです。

 

実際はどうか。

②番から③番のトレードを見てみましょう。

 

まず、-2σでエントリーしても、移動平均線で折り返しています。

でも、狙いは+2σだったから、損切りされるはず。

 

まあ、1分足だから、ちょっとポジションを保持することもあります。

それだと、損切りしないことになり、いつも損切りしないと、とんでもないことが発生します。

 

ときどき、突然、±100PIPS以上の値動きが起こります。

それが、反対方向だったら、もう1分足スキャルピングでは、大損失となります。

 

コツコツ貯めていた利益が一挙にすっ飛んでしまうんです。

③から④そして、④から⑤のスキャルピングは成功と言えます。

 

多分、これで、合計20PIPSから30PIPSぐらいは取れると思います。

それで、その調子でわたしは⑤のボリンジャーバンド+2σで、売りを入れました。

 

ところが、チャートをみると、トレンド上昇が起こっています。

そこで、-20PIPSの損切りが発生します。

 

損切りを設定しないでほっと置くと、どんどんマイナスになる羽目になるわけです。

デモトレードでのことです。

 

この練習から言えることは、損切りはかならず設定するべき。

損切りラインをどこにするかを見極める練習は必要。

 

これさえ習得しておいたら、大きく損失することは無いはずです。

もっとも、1分足スキャルピングでは、大きく利益は見込めないことがわかりました。

 

1分足のチャートを見ながら、もうちょっと長い5分足とか15分足でのトレードがいいかな?って思っている最近です。

まとめ

まとめ

1分足のスキャルピングについて解説してきました。

まとめますと、こんな感じ。

 

  • 大きな利益は出しにくい
  • 逆に、一発で大損失になるかもしれない
  • 損切りの重要性がわかる

FXトレードをするのに、まずはいい練習として1分足スキャルピングはあると思いました。

スキルアップをするために、デモトレードでやってみたらいいですね。

 

こちらの記事も読んでみてください

 

☆☆ お知らせです! ☆☆
スカイプ無料相談プレゼント

バンコク在住6年のわたしが、

タイ旅行とか、タイ移住とか、食べ物、観光地、生活、アフィリエイト、転職などについて、

ご相談を承ります。

なお、アフィリエイトや副業、タイで働きたいなどの経済に意欲のある方は、

オススメの無料動画視聴した場合、

スカイプ相談時間を2倍の最大60分に延ばします^^

ご相談の際に、無料動画の内容についてのご感想をちょっとお伺いしますので、よろしくおねがいします。

FX
スポンサーリンク
藤井哲四をフォローする
ブログアフィリエイトで成功!50代でも不安のない将来が手にできた!

感想