ブログに書いていないことがメルマガで【メルマガ登録はこちら】

【FX】並行移動平均線(EMA10)と陰線のヒゲが交差したら降下

【FX】並行移動平均線(EMA10)と陰線のヒゲが交差したら降下練習

 

藤井
藤井

こんにちは、

バンコクで稼いでいる藤井(⇒プロフィール@midori_benkyo@3tmeblog)です^^

 

今回は、移動平均線10とローソク足の関係について解説します。

条件がやや厳しいことはありますが、相場を予想する上で十分参考になると思います。

 

わたしのFX検証から見いだされた知見です。

参考の一つとして、トレードやあなたの検証に活かしてほしいです。

 

条件:
  1. 移動平均線EMA10が平衡状態にある
  2. ローソク足が陰線
  3. 陰線の下ヒゲがEMA10と上から交差する

相場の動き:

  • 次のローソク足から下降し始める!

 

動画でも解説してみましたので、ご覧になってみてください。

並行な移動平均線EMA10と陰線のヒゲが交差するときの相場の動き

スポンサードサーチ

並行のEMA10に上から下にローソク足のヒゲが交差したら!

2019-12-10_20h57_32

画像はわたしのチャート設定でマルチフレーム分析用のチャートです。

日足、4時間足、1時間足、5分足です。

 

今回の相場の予想の手がかりは、時間足にこだわりません。

日足はなだらかなダウントレンドです。

 

ローソク足は移動平均線の下を下降しています。

一つ最初の段階で、移動平均線がいくつか重なっている部分があります。

 

EMA10、20、30が絡まっているように見えます。

そこを上から一本の陰線が下りています。

 

ただ、これはローソク足のヒゲというより実体が交差しています。

今回の条件とはかならずしも一致していません。

 

それでも、交差後の相場では、下降が始まっていることがわかります。

日足で気になるポイントはこれのみです。

 

4時間足では、いくつか見られます。

下降については以前も他の手がかりはご紹介してきました。

 

たとえば、ボリンジャーバンド+2σとの交差です。

また、上に長いヒゲとかもありました。

 

今回もいくつか見られるところもあります。

ですから、今回の手がかりと重複する部分も出ます。

 

どちらか有効かとか強いという判断は出来ません。

一つでも2つでも、知見に該当する部分なら予想すべき点だということが大切です。

 

さて、最初の左の赤枠の中に見られます。

移動平均線EMA10、やや平衡状態になっています。

 

そこを上からローソク足陰線が下りてきているのがわかります。

ローソク足のヒゲが短く実体かどうかは判明しにくい場面です。

 

でも、次のローソク足から、顕著に下がっています。

ですから、今回の条件に合致すると判断できます。

 

この地点では、前後のローソク足やインジケーターの関係性はぜんぜんありません。

一方、右の赤枠はローソク足が移動平均線EMA50にタッチしています。

 

ここでの反発力は強いことからさがるだろう予想は出来ます。

それで、次のローソク足が今回の知見を指すものです。

 

移動平均線がやや平行にあって、ローソク足が上から下に交差しています。

分かりづらいですけど、一本のローソク足だけじゃなく2本めも同じような状態です。

 

それで、次のローソク足から急降下です。

このことは、根拠が増えるに従って、下がる傾向も強くなるだろうと予想できます。

 

すべてがこれに当てはまるとは思いませんが、考える場所だというのが大切です。

1時間足のチャートでも2つあります。

 

右の部分は、かなり強烈です。

ずっと上昇してきたのが、一本のローソク足が下に長く伸びています。

 

それで、ヒゲが移動平均線10と垂直に交差しています。

つまり、上昇力をそれ以上に強い力で引っ張りっている感じです。

 

案の定、その後に、パワーが発揮されて、急降下しています。

これは、かなり衝撃的なポイントだとわたしは考えました。

 

一方で、左の赤枠はやや下がり気味のところでこれが起こっています。

ですから、流れで偶然今回の条件に合ったとも言えるかもしれません。

 

いずれにしても、その後は継続して下降をしています。

今回の傾向をいろんな状況で考察してきました。

 

割と合っている感じがしますけど、どう思われますか。

これもわたしなりの検証の結果であって、正しい答えというわけではないです。

 

ただ、FXトレードをする上で、相場の動きをチャート形状から予想するのにヒントを与えてくれています。

あとは、ご自分でも検証されて、しっかりタイミングや動きを確かめていただきたいですね。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

下降、急下降の予兆的なヒントをご紹介しました。

 

これまでの知見との併用もあったり、効果の程度も違いがあったように思います。

あとは、ご自分でもしっかり検証されて、再確認してみてください。

 

自分なりの手がかりそしてFXスタイルの確立が大切です。

それに今回の情報が活かされたら嬉しいですね。

 

こちらの記事もお読みください

FXがわかるガイド【無料プレゼント】

FXを簡単に知りたい人にプレゼントがあります。

FXでお金を増やす仕組みとFXのトレードスタイルをまとめてみました。

動画でも解説しましたので、ご覧ください。

無料プレゼントなので、いますぐダウンロードしてくださいね!

練習
スポンサーリンク
藤井哲四をフォローする
海外でアフィリエイトとFXトレードの生活を送る!ブログ

感想