バンコクの銀行口座開設は条件が厳しい!個人では労働許可証が必要

バンコク銀行の通帳 旅行

海外に住んでいて、欲しいものの一つに銀行口座があると思います。

まったく気にしていない人も多いでしょうけど、旅行から他の国に移っても、利用価値は多いものです。

 

そこで、バンコクでの銀行口座開設について説明していきます。

スポンサードサーチ

バンコクの銀行口座開設は、労働許可証が必須!

 

バンコクの銀行口座開設は条件が厳しい!個人では労働許可証が必要

いろいろとビザなど、自由がきくバンコクです。

銀行口座も以前は簡単に開設できたと、聞いています。

 

ネットでも、そんな情報がいくつか見られ、銀行の種類あるいは、視点によっても対応が甘かったりしたみたいです。

そこで、わたしもまず、バンコクに来てすぐに、銀行口座開設を試みました。

 

でも、時すでに遅し…で、かなりの銀行を回りましたが、一つもOKを出してもらえませんでした。

そして、すべて、銀行口座開設条件として、労働許可証の提示が必要でした。

 

なので、個人の旅行者では、バンコクで銀行口座を持つことは不可能です。

また、提出書類も多く、常時変更が伝えられています。

ワークパーミットなしのわたしがバンコク銀行で銀行口座開設できたわけ!

リタイアメントビザ

わたしは、現在も労働許可証は持っていません。

しかし、幸いバンコク銀行で銀行口座開設ができました。

 

わたしの場合についてお話します。

ビザの種類はいつくかあります。

 

最初、観光ビザで何度も出国して、ビエンチャンのタイ大使館でビザを取得していました。

ところが、回数が多くなると、もうビザは発行出来ないと言われました。

 

いろいろ調べた結果、ロングステイビザ、リタイアメントビザの取得ができる年齢とわかりました。

ただ、これには、事前に、80万バーツの預貯金が必要だったりと、かなりハードルが高いです。

 

ところが、旅行会社に相談すると、裏取引が行われていて、業者が手助けをしてくれます。

そのための費用はもちろんかかりますけど、以前の観光ビザ取得と照らし合わせてもさほど、悪い話ではなかったです。

 

そのときに、銀行口座開設が問題になりました。

ところが、リタイアメントビザのため銀行口座が必要なら、タイの日本大使館が書類を発行してくれて、それを持っていくと、銀行口座開設ができました。

大使館

結果、バンコク銀行の通常を手にすることができました。

通帳

これは、一つの例だと思います。

しかし、いろいろ調べると、タイではかなり自由がきくことがわかりました。

 

銀行口座開設を手助けしてくれる、業者もあるみたいです。

バンコクやプーケット、パタヤとか、かなり需要があるんでしょうね。

 

必要なら、相談されるといいかと思います。

バンコクで銀行口座があるメリット

メリット

短期の旅行者ならあまり必要もなり銀行口座ですけど、長期滞在となると、それなりに利用価値が大きくなります。

日本からの送金やお金の監理をバンコクの銀行で出来ます。

 

わたしは、他の国でも口座があり、お金はもっぱらそちらを利用しています。

でも、アフィリエイトをしていて、いま住んでいるバンコクで自分のお金があるというのは、気分的安心感が違います。

 

クレジットカードはありませんけど、銀行口座だけでも、便利です。

アドセンスの登録はバンコクで行いましたから、お金はバンコク銀行に振り込まれています。

 

海外のATMカードからお金を引き出すと、手数料がとても高いです。

でも、バンコク銀行なら、無料です。

まとめ

まとめ

バンコクでの銀行口座開設についてわたしの例をご紹介しました。

いろいろある世界です。

 

最初はダメでも、ちょっと長く住むと、かなり可能性が高くなる世界だということがわかりました。

地道に、生活を続けていくのがいいと思います。

 

当初はぜんぜん目的としていなかったことが、見えてきたりします。

あなたも、バンコクで銀行口座が必要なら、いろいろ探してみてくださいね。

 

確かに、外貨預金とか、有利なこともありますよ!

 

コメント