ブログに書いていないことがメルマガで【メルマガ登録はこちら】

バンコク引っ越し4回目はプールとジム付きで月7500バーツ

バンコク引っ越し4回目はプールとジム付きで月7500バーツバンコク生活
藤井
藤井

こんにちは、藤井(⇒プロフィール@midori_benkyo@3tmeblog)です^^

今日は、引っ越しでFXはお休みです。

そのお知らせだけなんですけど、ちょっと理由をお話します。

 

今度、まとめて部屋がきれいになってから、記事にしようと考えている引っ越しです。

一応、どんな感じかをちょっとお伝えするだけの時間はあります。

 

バンコク中心部からちょっと離れたところに引っ越します。

バンコク在住7年目で、引っ越しが4回目です。

 

強制退去から、大家の追い出し、そして、今回は知り合いの紹介です。

いろいろ引っ越し、まず物件探しが面倒なんです。

 

荷物が少なかった頃は、自分でてくてく歩いて、聞きながら安いアパートやゲストハウスを探しました。

でも、結局どこかがおかしくて、快適な生活はできませんでした。

 

お金がないから、仕方がないといえばそうなんですけど、ちょっと奮発してレベルを上げると、ぐーんと気持ちが良くなります。

それが、いま住んでいるアパートでした。

 

家賃が7500バーツなんですけど、ネットなどで調べると、この値段だったらもっと条件がいい文献はざらですけど。

まあ、立地条件が良かったのと、近かったから引っ越しはすべて自分でやりました。

 

スタジオタイプというまあワンルームですね。

キッチンもなく炊事がやりにくかったです。

 

電気代も、1ユニット8バーツと他のコンドミニアムとかの3バーツの倍以上でした。

ただ、街の中だから、買い物はとても便利だし、いろんなお店があり、下町でもあり歩いていてもにぎやかで楽しかったですね。

 

一人で生活しているんですけど、ぜんぜん寂しくないし、バンコク生活7年でもいつも新鮮さが感じられていました。

今度引っ越すところは、郊外と言えます。

 

だから、電車BTSを利用しないといけません。

電車も高いんですね。

 

いままでは、ほとんど、自分の足を使って、自転車や徒歩で目的地まで行ってました。

かなりいい運動ですよ。

 

ただ、さすがバンコク日差しが強いのが大変。

年齢もあって、シミになりやすい。

 

だから、今度引っ越して、プールがあっても入りませんけど。

まあ、ありますっていうだけで、リッチな気分になれます。

 

引越し業者探しも大変でした。

荷造りも揃えるのが大変でした。

 

それでも、あるきながら聞いたりしていると、親切な人に当たります。

日本語を話す会社員。

 

どうして、こんなところに日本語を話せる社員が働いているんだ?って、感じたけど。

バンコク銀行のどこかの支店の銀行員よりよっぽど上手だった。

 

やすく、ダンボールなどが簡単に手に入り、車もララムーブという会社の手配で完璧です。

これは、ネット情報でわたしも利用してみることにしました。

 

アパートのおばさんに、最初聞いたけど、かなりふっかけられたから、やはり料金が決まっている業者がいいと判断しました。

それで、1000バーツぐらいで終わりそうです。

 

部屋は家具付きで、冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、そして洗濯機もあるんです。

いままで、6年間わたしは毎日手洗いでした(汗)

 

タイは暑いから、洗濯物が少ないからできたけど・・・

今度は、洗濯機で楽ができますね。

 

部屋も広くなって、ソファあり、でかいテレビでネットにもつながるみたい。

電気代が安いから、エアコンも大丈夫らしいです。

 

タイは暑いと、日本人の場合、月3000バーツとかよく聞きます。

これじゃ、だめだけど、わたしの部屋は1000バーツぐらいだそうです。

 

まあ、試してみるけど、わたしはあまりエアコンとかは好きじゃないし、扇風機で十分過ごせるタイプなんです。

でも、あったら使いたくなるでしょうね。

 

郊外だから、まわりが空き地とか、、静かなのはいいけど、ローカルな買い物ができるかどうか。

あちこち探索することになると思います。

 

これまでの6年とは違ったバンコク生活が待っています。

生活するのと、旅行は違うから、楽しみです。

 

移動とか、安いお店が少ないから、出費も心配です。

ただ、これからは本格的に自炊できますから、節約できますね。

 

いよいよわたしも年金がもらえる年代に入ります。

ちょっと収入が増えるみたいだから、ちょっとは贅沢してもいいのかなと思います。

 

ネット回線も引いてあって、インターネットライフも充実しそうです。

とにかく、がらりとセレブ級の住居に身を置くようで、信じられませんね。

 

これも、大手を振って生活できるように、生活が落ち着いたら、FXがんばります。

というか、FXは引っ越しの翌日からまた再開しますからね。

 

でないと、いつまでもスキルが上達しません。

いろいろ引っ越し準備などで忙しい中でもFXはやってこれたし、大丈夫です。。

 

今年はいろいろ用事ができて、日本に一時帰国も計画しています。

かれこれうんうん年ぶりなんです。

 

浦島太郎のわたしに日本の生活ができるでしょうか。

かろうじて、日本語が忘れず喋れるので、なんとかなるとは思います。

 

近くになったら、その話もお伝えしようと考えています。

それでは、写真も付けないで、新居の話をしてすみません。

 

乞うご期待!

FXがわかるガイド【無料プレゼント】

FXを簡単に知りたい人にプレゼントがあります。

FXでお金を増やす仕組みとFXのトレードスタイルをまとめてみました。

動画でも解説しましたので、ご覧ください。

無料プレゼントなので、いますぐダウンロードしてくださいね!

バンコク生活
スポンサーリンク
藤井哲四をフォローする
海外でアフィリエイトとFXトレードの生活を送る!ブログ

感想