バンコクのノートパソコン熱対策【続編】タブレットで熱から逃げる

タブレット パソコン

 

藤井
藤井

こんにちは、

バンコク長期滞在6年の藤井(⇒プロフィール@midori_benkyo@3tmeblog)です^^

ノマド生活なんですけど、何度も暑さで泣いてきました。

というのは、生活全体が暑いこともありますけど、一番の気がかりは仕事に欠かせない中古ノートパソコンです。

 

いろいろ物理的に、熱に対抗する対策をこれまで、工夫を重ねながらやってきました。

おかげで、ノートパソコン自体にかなする知識や、基本的なケアもわかりました。

 

でも、やはりノートパソコンは、持ち運びより、部屋で使うことが多く、持ち運びは実用的じゃないです。

そこでは、今回中古タブレット・FIRE7を購入して、ノートパソコン代替へのチャレンジを試みました。

 

それをシェアしたいと思います。

結論:ブログ毎日更新には、かなり有力な主力武器になりそうです!^^

スポンサードサーチ

バンコクでノートパソコンの熱対策歴を簡単に振り返る!

ノートパソコンの熱対策

ノートパソコンの熱対策5選!PCの温度が下げるコツは風の向き
ノートパソコンの熱対策をわたしの過酷な使用環境での使用試験から5つご紹介します。テスト結果から、PCの温度が下げるコツは風邪の向きだということがわかりました。いろんなグッズが売られていますけど、CPUの温度が下げられるのは限られています。いくつか併用することで、ノートパソコンの熱問題を解消できます。

まあ、熱を除去してくれそうなアイテムとかいろいろノートパソコンに試してみました(汗)

結局、今でも使って、効力を発揮してくれているのが、吸引式クーラーですね。

 

ノートパソコンの排気口に直接当てて、そこから、掃除機みたいに熱い内部の空気を吸い取るんです。

かなり、いいですね!

 

ノートパソコンを解体掃除すると熱対策が10倍楽になる!わたしの例
ノートパソコンの熱対策の基本は掃除が前提になると、今回思い知らされました。でも、熱対策そのものを必要と考えている人じゃなかったり、かなり使用者の考えや使用状況に左右されます。ノートパソコンを使っていても、あまり熱対策を考えない人もいるわけです。その辺をまとめて、掃除が必要なことをお話します。

でも、やっぱり、基本は中古ノートパソコンの大掃除でした。

もとが、汚い部屋だったら、いくら外から臭いやゴミやチリを吐き出そうとしても、熱はどんどん上がります。

 

そこを、しっかりノートパソコンを分解し、汚いところを薬品や掃除機を使って、きれいにするんです。

これで、熱対策グッズするより、かなりノートパソコンの温度は下がりました。

バンコクでのノートパソコンでの熱対策の限界!

さて、熱対策さえ行えば、適切であれば、ノートパソコンはどんな過酷な環境でも使える!…なんてことはありません!

それは、デジカメでyoutube動画を外で撮るにしても、同じことが言えます。

 

環境自体がすでに、ヒートアップしていたら、ノートパソコンもデジカメもすでにその温度なです。

使用範囲を超えた限界では、やはり熱で落ちたり、撮影ができなかったりします。

 

それは、すべて温度が高い理由です。

私の部屋はエアコンがありません。

 

扇風機を回して、なんとかしのいでいます。

でも、これはバンコクのローカルなら、一般的じゃないかと思います。

 

みんながエアコン付きのコンドに住んでいるわけじゃないです。

それで、夏場の4月や5月は部屋の温度は39度まで上がります。

 

これは、気象庁が発表する温度より高い!

熱が上から太陽光を直接受けて、こもりどんどん上がるわけです。

 

39度でのノートパソコン使用は、かなり危険です。

まあ、わたしの場合、熱対策をやってきましたから、まだ使える状態です。

 

でも、起動ソフトによっては、すぐにcpuの温度が80度近くあるいは、超えます。

これは、ヤバイ領域です。

 

湿ったタオルをキーワードの下側の金属部分に置いたりと、常に手のひらで温度チェックしている程です。

これは、もう限界なんです。

 

つまり、こうした環境では、仕事はするな!…というメッセージだとわたしは、感じました。

おまけに、本当に、メインに使っているこのノートパソコンが熱破壊で、使えなくなったときに、他の対策に迫られたわけです。

中古タブレット・FIRE7を買って、ブログ更新できるように環境を整えました

重いノートパソコン

ひと頃は、ノートパソコンをザックに詰め込んで、持ち運ぼうと何回か試しました。

かなりの重量です。

 

電源を外し、音声ケーブル、usb、usbマウス、usbハブなどを外します。

バラバラにして、電源ケーブルとマウスを別に持っていきます。

 

それに、厄介なのが、電源です。

ノートパソコン対応のバッテリーも日本ではあるようですけど、バンコクでは売られていません。

 

あっても、かなり大きくなりさらに重量が増すだけです。

そこで、決めたのが、ノートパソコンでの仕事は、部屋だけに限る!

 

外へは、電源もバッテリーで対応でき、重量も軽く、しかもネットやChromeなどに繋げられる環境を整えることです。

その目的で、買ったのが中古タブレットのFIRE7でした。

 

ヤフオクって、便利ですね^^

3,000円以下で落札できました。

 

3,000円と言う額はかなりいいんです。

バンコクへ荷物を送るときに、関税がかからない上限です。

 

安いものを買っても、バンコクでお金を支払うほど、バカげたことはありません。

でも、それをやったのが私だったんです(T_T)

 

最初、ぜんぜん関税のことを知らず、郵便局に呼び出され、2,500バーツほど支払った覚えがあります。

中古ノートパソコンと中古Fire7の比較!

Fire7をノートパソコンに乗せる

ノートパソコンの上に、bluetoothのキーボードとFire7を乗せました。

全体の3分の2ほどのスペースです。

 

重さも、Fire7は300g程度ですし、キーボードも軽いです。

なので、全部でも、500グラム前後じゃないかと思います。

 

これなら、ザックに毎日持ち運んでも、ぜんぜん気にならない重さです。

バッテリーやちょとした変換ケーブル、USBなども加わっても想像が付きます。

 

ちゃんと、ブログ更新の実務ができるかやってみました。

マウスがついているキーボードは、とてもいいです。

Fire7とbluetoothキーボード

Fire7

こんな感じです。

タッチも普通ですし、十分ノートパソコンの代替の役割をしてくれそうです。

 

実用には、実際に使って練習も必要でしょう。

でも、本当に、パンティップやMBKとか、カフェに持っていって仕事やネットが楽しめたら、それだけでも、バンコク生活がまたまた拡大していきます。

まとめ

まとめ

新たなバンコク生活でのノートパソコン使用に関する熱対策をご紹介しました。

無理して、部屋だけで仕事をしなくてもいい!…気分が最高じゃないでしょうか。

 

いろいろ考え方はあるでしょうけど、軽いタブレットを持ち歩いて、ネットが楽しめ、仕事もやっちゃおうと言うのが、今回の結論でした。

行動は自由に、軽量でいきたいですね!

 

こちらの記事も読んでみてください

☆☆ お知らせです! ☆☆
スカイプ無料相談プレゼント

バンコク在住6年のわたしが、

タイ旅行とか、タイ移住とか、食べ物、観光地、生活、アフィリエイト、転職などについて、

ご相談を承ります。

なお、アフィリエイトや副業、タイで働きたいなどの経済に意欲のある方は、

オススメの無料動画視聴した場合、

スカイプ相談時間を2倍の最大60分に延ばします^^

ご相談の際に、無料動画の内容についてのご感想をちょっとお伺いしますので、よろしくおねがいします。

パソコン
スポンサーリンク
藤井哲四をフォローする
ブログアフィリエイトで成功!50代でも不安のない将来が手にできた!

感想